121ware 閉じる

一覧へ

不要になったファイルやフォルダが削除できない

こんな困った

  • 他のファイルは削除できるのに、特定のファイルだけエラーが表示され削除できない。
  • ファイルを削除しようとしたが、警告が出るので、どう対処していいのかわからない。

など、いつもなら簡単に消せるはずのファイルやフォルダが、削除できないというご相談をいただきます。
「削除できない」といっても、いくつかのパターンがありますので、当てはまる対処策を試してみましょう。


ココを確認 ステップ1

  • ■「ファイルが使用中です」
       「ほかの人またはプログラムによって使用されています」
       「他のアプリケーションで使用中です」             というエラーメッセージが出る場合

    1.そのファイルは、現在アプリケーションソフトで編集中、参照中、ではないですか?

    まずは、そのアプリケーションソフトを終了してから、ファイル操作をしてください。

    【現在、稼働中のアプリケーションソフトを確認する方法<タスクマネージャ>】
    • Windows Vista®で起動しているアプリケーションを
      強制終了する方法
    詳しくはこちら
    • Windows® XPでハングアップしたアプリケーションを
      強制終了する方法
    詳しくはこちら
  • 2.Windowsタスクマネージャで explorer.exeを再起動し削除を試みます。

  • 1.  「Windowsタスクマネージャ」を起動  →  「プロセス」のタブを開く。
    2.  一覧の中から「explorer.exe」の項目を選択。
    3.  「プロセスの終了」 ボタンをクリック  →  警告の画面がでるので「はい」ボタンをクリック。
    4.  再度、「Windowsタスクマネージャ」 を起動。
    5.  「ファイル」  →  「新しいタスクの実行」 をクリック。
    6.  名前に「explorer.exe」と入力して 「OK」 ボタンをクリック。

  • この作業が済んだら、削除を実行します。

  • 3.タスクマネージャーで確認しても特に実行中のアプリケーションが見つからない時は、Windowsを

    一度再起動して、削除を試みます。再起動で何らかのプログラムとの繋がりを断ち切れる場合があります。

  • 4.通常の起動モードで削除できない場合は、セーフモード起動をして削除を試します。

    • Windows® XPをセーフ モードで起動する方法
    詳しくはこちら
    • Windows Vista®でセーフモード起動する方法
    詳しくはこちら
このページのトップへ

ココを確認 ステップ2

  • ■「ファイルの削除エラー」というメッセージが出る場合

    1.コマンドプロンプトを使って削除します。


    1.  スタートメニューからプログラム  →  アクセサリ  →  コマンドプロンプトをクリックして起動。
    2.  プロンプト (「>]マーク) の直後に 「cd \」 と入れて、Enterキーを押す。
    3.  次に半角で 「del」 と入力し、その後に半角スペース (空白) を入れる。
    4.  対象のファイルをマウスでドラッグして、コマンドプロンプトの黒い画面の上に落とす。
    5.  以下のように表示されたら、Enterキーを押す。
            del \*****\*****\ファイル名

    ※削除の対象がフォルダの場合は 「del」 の代わりに 「rd /s」 と入力してください。

  • 2.ファイルシステムを修復してみます。

    削除できない理由として、ハードディスクのファイルシステムに問題が生じている可能性があります。 エラーチェック後に、削除を試みてください。

    • Windows® XPでスキャンディスク(ディスクのエラーチェック)
      を行う方法
    詳しくはこちら
    • Windows Vista®でチェック ディスク(ディスクのエラーチェック)
      を行う方法
    詳しくはこちら
  • 3.別のファイルで上書きしてみます。

    ファイルが壊れているために削除できない事があります。同名のファイルを作って上書きすることで削除できるようになる場合があります。

    1.  スタートメニュー  →  アクセサリから 「メモ帳」 をクリックして起動。
    2.  ファイル  →  「名前を付けて保存」 を選択。ダイアログが開く。
    3.  ファイルの種類欄で 「すべてのファイル」 を選択。
    4.  保存先を、削除したいファイルがあるフォルダにする。
    5.  ファイル一覧から、消したいファイルを選択。
    6.  「保存」 ボタンをクリック。
    7.  「上書きしますか?」 の確認ダイアログで 「はい」 をクリック。

    「メモ帳」 を終了してファイルの削除を試します。

このページのトップへ

ココを確認 ステップ3

  • ■「ファイルを削除できません。送り側のファイルまたはディスクから読み取れません」
       というメッセージが出る場合

    ファイル名の最後に空白やピリオドが含まれている場合や、ファイル名にシステムで予約された名前(CON、PRN、AUX、LPTx、COMxなど)が付けられているとファイルは削除することができなくなります。

    1.コマンドプロンプトを使って削除します。

    1.  スタートメニューからプログラム  →  アクセサリ  →  コマンドプロンプトをクリックして起動。
    2.  プロンプト (「>]マーク) の直後に 「cd \」 と入れて、Enterキーを押す。
    3.  次に半角で 「del」 と入力し、その後にに半角スペース (空白) を入れる。
    4.  以下のように入力して、Enterキーを押す。
            del ""\\?\<ドライブ名>:\*****\*****\ファイル名""

    ※ 削除の対象がフォルダの場合は 「del」 の代わりに 「rd /s」 と入力してください。
    ※ 消したいファイル名やフォルダ名全体をかならず引用符 ("") で囲んでください。
    ※ ファイル名やフォルダ名のピリオドや空白を必ず加えて入力してください。

    例 : ""\\?\C:\Documents and Settings\nec_user\デスクトップ\hoge.file.""     ←  末尾にピリオド
          ""\\?\C:\Documents and Settings\nec_user\デスクトップ\hogeFolder""   ←  末尾に空白

このページのトップへ

ココを確認 ステップ4

  • ■「アクセス拒否されました」
       「ディスクがいっぱいでないか、書き込み禁止になっていないか、またはファイルが使用中でないか
       確認してください」
       というメッセージが出る場合
       ファイルのサイズが0(ゼロ)の場合

    ファイルもしくはファイルを保存している管理情報が壊れている可能性があります。

    • ファイルまたはフォルダの所有権を取得する方法
        (マイクロソフト社)
    詳しくはこちら
  • 【Windows® XP HomeEditionご利用の場合】
    セーフモードで実行してください。
    セーフモードで起動すると「セキュリティタブ」が表示されます。
    ※セーフモードの起動手順は、<ココを確認 1>の4の項をご参照下さい。

    【Windows® XP Professionalご利用の場合】
    「スタートボタン」を右クリック  →  「エクスプローラ」をクリック
    「ツール」  →  「フォルダオプション」  →  「表示」タブ
     →  「簡易ファイルの共有を使用する」 のチェックを外してOKボタンをクリック。
    これで「セキュリティタブ」が表示されます。

このページのトップへ

ココを確認 ステップ5

  • ■「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」
       というメッセージが出る場合

    ファイル、フォルダ、またはファイル システムが破損している可能性があります。

    • エラー メッセージ  :  ファイルまたはディレクトリが破壊 …
        (マイクロソフト社)
    詳しくはこちら
このページのトップへ

ココを確認 ステップ6

  • ■長いファイル名のファイルが削除できない場合

    Windows® XPやWindows Vista®のファイルシステムでは、半角255文字以上のファイル名を扱えません。

    長いパスを持ったファイルは、削除することができないだけでなく、 そのファイル名をマウスで選択しただけでパソコンが正常動作できなくなる症状が発生してしまう事もあります。
    こんな現象が起きるとファイル名を短くすることすらできなくなります。

  • 【注意点】
          例  :  C:\Users\NEC_ user\Documents\test.txt
    の場合のファイル名とは test.txt の8文字だけではありません。
    ファイルを保存している場所までのフォルダ名+ファイル名(=パス)を示します。

    【パスとは…】

    ファイルなどの保存場所を表す文字列のことです。
    • (マイクロソフト社)
    詳しくはこちら

    1.ファイル名を短くするのではなく、そのファイルが保存されているフォルダ名を短くします。

    そうすることによってパスの長さが短くなり、ファイルの削除ができるようになります。

このページのトップへ

ココを確認 ステップ7

  • ■Adobeのllustratorで作成したファイルが削除できない場合

    Adobeのllustratorで作成した、拡張子aiのファイルが消せないときは、特有の対処策が必要になる場合があります。

    • ファイルを削除しようとすると
      「…削除できません。ほかの人またはプログラムによって
      使用されています。…」
       エラーが発生する
        (Adobe社)
    詳しくはこちら
このページのトップへ

ココを確認 ステップ8

  • ■エラーメッセージは表示されないが、削除できない場合

    デスクトップ画面を、そっくりキャプチャーした画像が 壁紙に設定されていたケースがあります。

    画像の上のファイルを ごみ箱にドラッグしようとしても、それは画像にすぎないので、削除できなくて当然なのですが、なかなか気づきにくいものです。 デスクトップの背景をご自身で変更した覚えがなくても、壁紙チェンジャーのようなフリーソフトのインストールがきっかけになったり、悪質なプログラムの侵入によって発生する事があります。

  • 【キャプチャーとは…】
    ディスプレイに表示している動画や静止画をデジタルデータとして保存すること。

    1.デスクトップの壁紙を変更してみてください。

    • Windows® XPでデスクトップの壁紙を変更する方法
    詳しくはこちら
    • Windows Vista®でデスクトップの壁紙を変更する方法
    詳しくはこちら

    ※壁紙を変更して、ファイルの削除ができるようになったとしても、ウィルスに感染していないかどうか、念のため、ご利用のウィルス対策ソフトを使って、パソコンの中をスキャンをしておきましょう。

このページのトップへ

ココを確認 ステップ9

  • ■削除しようとすると警告が出る場合

    「このファイルを削除すると今後の動作に影響がある場合があります。」
    と表示される場合、システムで利用する大切なファイル(隠しファイル)の可能性があります。
    表示されてしまっている場合は、下記の手順の逆で非表示設定にしましょう。

    • 隠しファイルを含むフォルダ内の全ファイルを表示する方法
    詳しくはこちら
  • 写真などの画像が入ったフォルダの中身をすべて削除しようすると
    「ファイル'Thumbs.db'はシステム ファイルです。
    削除するとシステムやプログラムが正しく動作しなくなる可能性があります。」

    というメッセージが出る場合があります。

    「Thumb.db」というシステムファイルに関する警告であれば、削除しても、再び画像を縮小表示したときに自動的に作成されますので問題ありません。そのまま削除を実行しましょう。

    • Thumbs.db ファイルについて
    詳しくはこちら

これで削除できない問題のファイルやフォルダは、スッキリと消えましたでしょうか?


お役立ち情報

不要なファイルがたまると、ハードディスクの容量を圧迫します。時々、見直してみてはいかがですか?

また、個別にファイルの整理をしている最中に、うっかり残したいファイルを削除してしまった際の対処方法もご紹介します。

  • Windows Vista®で不要なファイルを安全に整理する方法
詳しくはこちら
  • 不要なファイルを安全に整理する方法(Windows® XP)
詳しくはこちら
  • Windows Vista®で間違って移動や削除したファイルや
    フォルダを簡単に戻す方法
詳しくはこちら
  • Windows® XPなどのエクスプローラで間違って移動や
    削除したファイルを簡単に戻す方法
詳しくはこちら

解決しましたか?お役に立てれば、幸いです。パソコンライフをお楽しみください。

このページのトップへ
NEC Copyright(C) NEC Corporation, NEC Personal Products,Ltd.