121ware 閉じる
お客様各位
掲載日:2013年10月1日
NECパーソナルコンピュータ株式会社

インターネット利用時に警告画面や広告が頻繁に表示される場合の
対処方法について

平素はNEC製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

■増えているお問い合わせ
一般のWebサイトなどにアクセスした際に、「無料でセキュリティ対策」「無料で診断」などといった広告が頻繁に表示されるトラブルが増えております。

ウイルス対策ソフトと称し「無料でパソコンを診断します。」といった内容のWeb広告でユーザーを誘い、インストールして診断すると「ウイルスに感染している」といった内容の警告画面を表示し不安をあおり、有償のウイルス対策ソフトの購入を促すことがあります。これらは「偽セキュリティ対策ソフト」などと呼ばれ、安易にインストールすることで、具体的な金銭被害にあったり、その後のアンインストールが非常に難しい場合などもあり、大変危険です。
情報処理推進機構(IPA)では、パソコン利用者に注意喚起を実施しています。
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) - コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談受付状況【2013年第1四半期(1月〜3月)】

警告画面や有償のウイルス対策ソフトの購入を促す画面は、個人情報を入力して送信するまで表示が止まらないことがあります。
個人情報を入力してしまうと、クレジットカード番号などが不正取得されて、悪用される恐れがあります。
一例ですが、偽セキュリティ対策ソフトのインストールなどを行うと、以下のようなことがあります。
※偽セキュリティ対策ソフトは、フリーソフトなどと一緒にインストールされてしまう場合もあります。
不安を煽る警告画面が大量に表示される。
パソコンで操作するたびに、ウイルス対策ソフトの購入を促す画面が表示される。
パソコンで起動するたびに、自動で無料診断ソフトやウイルス対策ソフトが起動する。
見覚えない無料診断ソフトなどがインストールされていて、削除ができない。

■対策方法
下記のFAQを参考に、解決するか一度お試しください。
Windows 8で偽セキュリティ対策ソフトが表示される場合の対処方法
Windows 7で偽セキュリティ対策ソフトが表示される場合の対処方法

以 上
NEC Copyright(C) NEC Personal Computers, Ltd.