121ware 閉じる

Windows Vista® サポートのご案内

アップグレードのご案内

導入ガイドの紹介

「NECパソコンへの Windows Vista® 導入ガイド」(以降、「導入ガイド」と表記)は、 アップグレード対象機種のオペレーティングシステムをWindows® XPからWindows Vista®にアップグレードする際に必要となるソフトウェアを、操作手順を示したマニュアルと共にご提供するものです。
以下の内容は、導入ガイドをご購入後、お客様に行っていただく必要のある作業手順のご紹介です。

※お客様に代わってアップグレード作業を代行するサービス(有償)もご用意しております。


アップグレードについてのご注意

Windows Vista®へアップグレードした後に、現在お使いの環境で一部の機能がお使いいただけなくなる場合があります。以下の注意事項および、Vista導入ガイド適用中に表示されるご使用の機種に対する注意事項をご理解いただき、アップグレード作業を行ってください。

注意事項

■Windows Vista®へのアップグレードに4時間〜6時間必要となります。
(お客様がご利用されているパソコンによっては さらに時間がかかる場合があります)
アップグレードを途中でやめた場合、再セットアップからはじめることになるので十分お時間をおとりください。

■Windows Vista®へのアップグレードを行うには、Cドライブに20Gバイト以上の空き容量が必要です。
お使いのパソコンのハードディスクの空き容量をご確認になり不足する場合は不要なファイルを移動、削除いただくか、再セットアップを行ってください。 (40Gバイト以下のハードディスクを搭載した機種は除く)

■Windows Vista® Capable PCは、Windows Vista®の基本的な機能 を動作させるための最低限のハードウェア動作環境を満たすパソコンです。 Windows Vista®へのアップグレード前にお客様がご使用になっていたアプリケーション(OS、ドライバーを含みます)の機能をそのままご使用いただけることを保証するものではありません。 又、アップグレード後にWindows Vista®のすべての機能をそのままご使用いいただけることを保証するものではありません。

■Windows Vista®にアップグレードされた場合、お客様がアップグレード前にご使用されていたパソコンの機能(ご購入時にプリインストールされているOSやアプリケーションの機能を含みます)や性能に一部制限事項がある場合があります。

■Vista導入ガイドは、Windows Vista®の新規インストールには対応していません。
Vista導入ガイドは、Windows XPからWindows Vista®へのアップグレードにのみ対応しています。
お使いのパソコンに新規インストールでWindows Vista®をインストールした場合は、再セットアップを行い、OSをWindows XPに戻した後で、Vista導入ガイドを使用してWindows Vista®へアップグレードをしてください。

■Windows Vista®にアップグレードする一連の作業は、管理者権限のあるアカウントでパソコンにログオンして作業をしてください。

■お使いのパソコンによっては、Vista導入ガイドを使用してもまったく利用できない機能、操作方法、使用変更が生じる可能性があります。
それぞれのアプリケーションや機能についての情報は当サイトのサポート一覧をご覧ください。 Windows Vista®へアップグレードする前に削除する必要のあるアプリケーションについては、ソフトインストーラーなどを使用してお客様ご自身で、削除等を行ってください。 また、弊社製以外のアプリケーションについては、各メーカーにお問い合わせください。

■BIOSの更新が必要な場合は、Vista導入ガイド適用中に更新をおこないます。
BIOSの更新の手順を誤るとシステムが起動しなくなる等の障害が発生することがあります。 更新の操作方法をよく読み、誤操作のないよう更新を行ってください。 また、データ書き換え中に予期せぬアクシデント(停電、雷、遮断、ノイズ等)によりパソコンが誤動作したり電源が切れたりすると、機器が損傷し正常動作しなくなることもありますので十分ご注意ください。 BIOSの更新完了後は、続けてVista導入ガイドを適用し、Windows Vista®へのアップグレードを完了させてください。 作業を中断すると、パソコンが正常に動作しなくなることがあります。


導入ガイド対象機種および選択できるアップグレード版Vistaパッケージ

お使いのパソコンで導入ガイドを使用してWindows Vista®へのアップグレードが可能かどうかは、「対象製品一覧」にてご確認いただけます。 なお、お使いのパソコンの機種によってはメモリの増設を行っていただく必要があります。 詳しくは「対象製品一覧」にてご確認ください。


Vistaアップグレードに関するQ&A情報

アップグレード手順に関する情報を、Q&A形式でご提供しています。

詳細はこちら


導入手順の概要

導入ガイドをご利用になる前の準備
Windows Vista®へのアップグレードの手順

導入ガイドをご利用になる前の準備

導入ガイド対象機種のパソコンをWindows Vista®へアップグレードする際は、対応状況および手順を確認の上、導入ガイドを使用してください。

  1. アップグレードに必要となるものの準備
  2. アップグレード実施前に必要となる作業
  3. ソフトナビゲーターによる必要なプリインストールソフトの追加と、
    Windows Vista®へのアップグレードに未対応のプリインストールソフトのアンインストール
1. アップグレードに必要となるものの準備

アップグレードの前に、次の3項目を確認し、用意してください。

(1) アップグレード版Windows Vista®パッケージの購入(通常アップグレードの方のみ)

※機種によりご利用いただけるアップグレード版Windows Vista®パッケージは異なります。詳しくは「対象製品一覧」にてご確認ください。
※「優待アップグレード」をお申し込みのお客様は同梱のアップグレード版Windows Vista®パッケージをご利用ください。

(2) 増設メモリの購入(対象機種のみ)

お使いのパソコンに必要となる容量以上のメモリをご用意ください。
※機種により必要となる増設メモリは異なります。「対象製品一覧」に記載の容量以上になるようメモリを別途お求めください。

(3) ディスプレイ機能の確認(対象機種のみ)

PC本体のみご購入や、ご購入後ディスプレイを変更された場合、導入ガイドおよびWindows Vista®の動作に必要なディスプレイをご用意ください。 導入ガイドの動作には以下の解像度を満たしている必要がありますのでご確認ください。

 ・解像度:1,024 × 768 ピクセル
 ・色数:High Color 16bit

Windows Vista®のご利用におけるディスプレイの解像度は、選択するWindows Vista®パッケージによって異なります。詳細はMicrosoft社のホームページにてご確認ください。
[URL] http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/


2. アップグレード実施前に必要となる作業

アップグレードの前に、以下の項目を確認してください。

(1) パソコン内にあるデータのバックアップ

アップグレードに万一失敗した場合に備え、パソコン内にある文書、メール、画像などのお客様のデータは必ずバックアップしてください。 また、インターネットなどの設定情報を控えておいてください。

(2)ハードディスクの空き容量の確保

・Windows Vista®へのアップグレードを行うには、Cドライブに20Gバイトの空き容量が必要です。お使いのパソコンのハードディスクの空き容量をご確認になり、不足する場合はファイルの移動や削除を行って空き容量を確保してください。

・(40GB以下のハードディスクを搭載した機種のみ)
40GB以下のハードディスクを搭載した機種では、そのままではアップグレードができません。お使いのパソコンに添付の「準備と設定」または「ユーザーズマニュアル」をご欄になり、再セットアップ用DVD/CD-ROMを作成してください。
続けて、再セットアップ用DVD/CD-ROMを使って「Cドライブの領域を自由に作成して再セットアップ」を選択し、Cドライブに最大容量を割り当てた後、Windows Vista®へアップグレードをしてください。

(3) 増設メモリの追加(対象機種のみ)

メモリの増設が必要な機種では、Windows Vista®へのアップグレード開始前にメモリの増設を行ってください。

(4) パソコンご購入後に追加、増設したハードウェアの取り外し

お客様がパソコンをご購入後にハードウェアや周辺機器を増設されている場合、Windows Vista®へのアップグレードが正しくできない可能性があります。 (3)で増設したメモリ以外のお客様がパソコンご購入後に増設したハードウェアは、一旦取り外した上で、Windows Vista®へのアップグレードをおこなってください。 取り外したハードウェアや周辺機器は、各ハードウェアがWindows Vista®で動作するかどうかを、各ハードウェアの製造元に確認してから、 必要に応じてWindows Vista®へのアップグレード後に再度追加、増設してご利用ください。

(5) パソコンご購入後にインストールされたソフトのアンインストール

市販ソフトにはWindows Vista®に対応していないものや、導入ガイドを動作させる上で支障のあるものがあり、Windows Vista®へのアップグレードができないことがあります。 お客様がパソコンご購入後にインストールされたソフトは、一旦アンインストールした上でWindows Vista®のアップグレードをおこなってください。 アンインストールしたソフトは、各ソフトがWindows Vista®で動作するかどうかを、各ソフトの販売元に確認してから、アップグレード終了後に再度インストールしてください。
※ウイルス対策ソフトについては次の項目にて対応いただくようお願いします。

(6) ウイルス対策ソフトのWindows Vista®対応版へのアップデート

お使いのウイルス対策ソフトがWindows Vista®に対応していることをご確認ください。 なおウイルス対策ソフトがWindows Vista®に対応しているかについては各ウイルス対策ソフトの販売元にご確認ください。
Windows Vista®未対応の場合、Windows Vista®対応版に更新いただくか、 同梱の体験版ウイルス対策ソフト「ウイルスバスターTM2007 トレンド フレックス セキュリティ」(トレンドマイクロ社)をご利用ください。(セットアップ後90日間無料でご利用できます。)

(7) 再セットアップ用DVD/CD-ROMの作成

Windows Vista®アップグレード後は、「再セットアップ用DVD/CD-ROM作成ツール」は動作しなくなります。 再セットアップ用DVD/CD-ROMを作成していない場合は、Windows® XP環境にて必ず作成しておいてください。 再セットアップ用DVD/CD-ROMの作成方法は、お使いのパソコンに添付の『準備と設定』または『ユーザーズマニュアル』に記載されています。 Windows® XPを再セットアップすることにより「再セットアップ用DVD/CD-ROM作成ツールがご利用になれます。Windows® XPの再セットアップ方法はこちらをご覧ください。

(8) インスタント機能の再セットアップ(対象機種のみ)

インスタント機能搭載モデルのパソコンは、Windows Vista®へアップグレードする前に必ずインスタント機能の再セットアップを行ってください。 インスタント機能の再セットアップの方法は、導入ガイドのマニュアルを参照し行ってください。
※インスタント機能とは、パソコンの電源がOFFの状態から簡単操作でTV視聴や録画DVD/CD再生などができる機能です。 なお、インスタント機能搭載モデルは以下のフォルダが存在しています。
C:\Program Files\NEC\Instant

(9) アプリケーションや常駐プログラムの終了

Windows Vista®へのアップグレードを含む導入ガイドの実行時には、他のアプリケーションや常駐プログラムをすべて終了させてください。 Windows Vista®へのアッププグレード中は導入ガイド以外のアプリケーションの動作や不要な操作はお止めいただくようお願いします。 なお、アプリケーションや常駐プログラムの終了方法については導入ガイドのマニュアルを参照し行ってください。

(10)電源ケーブルとACアダブタの接続の確認

アップグレードの途中で、電源が切れないように、電源ケーブルとACアダブタの接続を確認してください。また、LaVieなどバッテリで駆動する機種では、ACアダブタを必ず接続してから、アップグレードをしてください。

(11)AirTVのファームウェアの更新(AirTVモデルのみ)

Windows Vista®へアップグレードする前に、AirTVのファームウェアを必ず更新し、無線LANで接続してTVの視聴ができることを確認してください。

手順
[1]AirTV本体の側面に貼られているラベルの型名に、「PC−AIRTV20」と記載されていることを確認。
[2]AirTVのファームウェアモジュールをダウンロードして、AirTVを更新する
本サイトの「サポート」−「ダウンロード」の「モジュール番号検索」に「5340」を入力して、モジュールをダウンロードします。 ダウンロードしたモジュールの更新方法をよくお読みになり、ファームウェアを更新してください。

ご注意
・AirTVのファームウェアを更新せずにWindows Vista®へアップグレードするとAirTVと無線LANで接続できなくなります。

(12)セキュリティチップユーティリティの削除(セキュリティチップユーティリティの搭載モデルのみ)

Windows Vista®へのアップグレードの前に、セキュリティチップユーティリティの削除(アンインストール)を行ってください。
セキュリティチップユーティリティの削除(アンインストール)方法は、電子マニュアル「サポートナビゲーター」の「使いこなす」−「ソフトの追加と削除」−「各ソフトの追加と削除」−「セキュリティチップユーティリティ」をご覧ください。

ご注意
・セキュリティチップユーティリティの削除を実行する前に、セキュリティチップユーティリティで暗号化したり、Personal Secure Driveに保存したファイルやフォルダをバックアップしてください。
・セキュリティチップユーティリティで保護されていたデータは、セキュリティチップユーティリティを削除した後では、アクセスできなくなります。

(13)ウィルス対策ソフトの更新

ウィルス対策ソフトをWindows Vista®対応のものに更新してください。 ここでWindows Vista®対応ウィルス対策ソフトをインストールしていない場合は、Windows Vista®へのアップグレード後にウィルス対策が有効にならない場合があります。


ご注意
導入ガイドは、ご購入直後の状態にあるパソコンで動作することを前提としております。 アップグレード後のトラブルを避けるためにも、アップグレード実施前にパソコンの再セットアップすることをおすすめします。


3. ソフトナビゲーターによる必要なプリインストールソフトの追加と、
   Windows Vista®へのアップグレードに未対応のプリインストールソフトのアンインストール
(1) Windows Vista®導入時に問題となるプリインストールソフトの一覧入手

一部のプリインストールソフトウェアは、Windows Vista®へのアップグレード実施時に問題を引き起こし、アップグレードに失敗することがあります。 問題となるプリインストールソフトの一覧はこちらからご覧ください。

(2) Windows Vista®へのアップグレードに未対応のプリインストールソフトのアンインストール

(1)で入手した一覧表に記載しているプリインストールソフトを、「ソフトナビゲーター」を使ってアンインストールします。
※ソフトによってはアンインストール後、再起動が必要な場合がありますので、その場合メッセージの指示にしたがい再起動を行ってください。

(3) Windows Vista®アップグレード後に利用したいプリインストールソフトの追加インストール

Windows Vista®へのアップグレード後には、「ソフトナビゲーター」を使ったプリインストールソフトのインストール機能が利用できなくなります。
「ソフトナビゲーター」で未インストールになっているソフトをWindows Vista®へのアップグレード後に利用したい場合はこの段階でインストールを行ってください。


Windows Vista®へのアップグレードの手順

※あらかじめアンインストールの必要なソフトが存在している場合はステップ1)に進めません。






ステップ1)
Windows Vista®へのアップグレード前の作業

●Windows® XP上で導入ガイドを使用し、作業完了までに必要なすべてのソフトをCドライブへ自動的にコピーします。
●Windows Vista®にアップグレードする際に支障が発生するソフトのアップデートや削除が行われます。 一部のソフトは、お客様に操作いただくことがありますので、その際には画面の指示に従って操作してください。
●作業の区切りでパソコンの再起動が必要な場合があります。その際には画面の指示に従って操作してください。


ステップ2)
Windows Vista®へのアップグレード

●お使いのパソコンのオペレーティングシステムをWindows® XPからWindows Vista®にアップグレードしてください。
●画面の指示に従い、DVD/CDドライブにアップグレード版Windows Vista®のDVD-ROMをセットしてください。

ステップ3)
Windows Vista®へのアップグレード後の作業

●導入ガイドのマニュアルを参照して、ユーザーアカウント制御の無効化を行った後で、Windows Vista®へのアップグレード完了後に実施するソフトのインストールや各種設定を行います。
●作業の区切り目でお客様の操作やパソコンの再起動が必要な場合があります。その際には、画面の指示に従い操作してください。
●導入ガイドの画面の中に「終了」のボタンが表示されたら終了です。終了後は導入ガイドのマニュアルを参考に、ユーザーアカウント制御の有効化を行ってください。
※Windows Vista®へのアップグレード作業が完了すると、導入ガイドの画面の中に「終了」のボタンが表示されます。 このボタンが表示されるまでは、Windows Vista®へのアップグレードは続いています。 ユーザーアカウント制御の無効化以外の設定変更やソフトの実行はしないでください。


Windows Vista®へのアップグレード手順全体におけるご注意
●Windows Vista®へのアップグレード作業は、この「導入ガイドの紹介」をご覧になり、お客様ご自身で行ってください。 Windows Vista®にアップグレードするための作業の多くは自動実行されますが、途中でパソコンの再起動を求められる場合やお客様の操作が必要な場合があります。 その際は画面の指示に従って操作し、導入ガイド終了の画面まで作業を進めてください。
●ご利用のパソコンにもよりますが、Windows Vista®へのアップグレード作業は完了までにおよそ4時間かかります。 各ステップでの作業を中断しないように、作業時間は余裕を持って確保してください。
●万一Windows Vista®へのアップグレード作業を中断した場合は、Windows® XPの再セットアップを行ったあとで、 導入ガイドを使って再度Windows Vista®へのアップグレードを行ってください。 再セットアップの実施方法については、お使いのパソコンに添付の『準備と設定』または『ユーザーズマニュアル』 をご覧ください。
※再セットアップ先はCドライブを指定してください。 この他のドライブにWindows® XPがセットアップされていると、アップデートができません。 また、再セットアップを行うと、パソコンに保存されているデータや設定が失われることがあります。 あらかじめデータのバックアップや設定を控えておいてください。
なお、Windows® XPへの再セットアップ時にエラーが発生する場合は導入ガイドのマニュアルを参照し、再セットアップを行ってください。

●Windows Vista®にアップグレードするための作業の多くは自動実行されますが、途中でパソコンの再起動を求められる場合やお客様の操作が必要な場合があります。 その際は画面の指示に従って操作し、導入ガイド終了の画面まで作業を進めてください。
●インストール中に次のようなコマンドプロンプト画面が表示されます。

コマンドプロンプト画面は、処理が終わると自動的に表示が消えますので、操作する必要はありません。


NEC Copyright(C) NEC Personal Computers, Ltd.