121ware 閉じる


バッテリ


バッテリににおける注意点


バッテリパックを、指定する取扱い方法およびご利用環境以外の方法にて使用した場合には、発熱、発火、破裂する等の可能性があり、人身事故につながりかねない場合がありますので、充分ご注意をお願いします。

  1. バッテリパックは指定充電方法以外にて充電しないでください。
    マニュアルに記述されている指定方法で充電してください。指定以外の充電方法で充電すると、発熱、発火、破裂することがあります。
  2. バッテリパックを分解、改造しないでください。
    バッテリパックを分解、改造すると発熱、発火、破裂することがあります。また、指定以外のバッテリパックや、分解、改造したものは、保証の対象外となります。
  3. バッテリパックを火中に投下する、火気に近づける、加熱する、あるいは高温状態で放置することはしないでください。
    火中に投下したり、火気に近づけたり、加熱(電子レンジ等を含む)したり、あるいは高温状態で放置したりすると、発熱、発火、破裂することがあります。
  4. バッテリパックを落下させる、ぶつける、先の尖ったもので力を加える、強い圧力を加えるといった衝撃を与えないでください。
    PCに装着した状態や単体での落下等の衝撃によるバッテリパック内の電池や回路基板の損傷によって、発熱、発火、破裂することがあります。
    バッテリパックに衝撃を与えた場合、あるいは外観に明らかな変形や破損が見られる場合には、使用をやめてください。
  5. バッテリパックの金属端子のショート(短絡)や水、コーヒー、ジュース等の液体で濡らすことはしないでください。
  6. バッテリ駆動時間が短くなった場合には、バッテリパックの使用を中止するか、純正の新しいバッテリパックと交換してください。
    バッテリパックは消耗品です。バッテリ駆動時間が短くなったバッテリパック (*) は、障害が発生する場合がありますので、バッテリパックを取り外し使用を中止してください。またはNEC純正の新しいバッテリパックと交換してください。
  7. (*) :フルに充電しても、仕様の3割以下しか駆動できないバッテリパック。
    なお、バッテリ駆動時間の詳細は、こちらをご確認ください。
    ●バッテリ駆動時間が短くなった場合で、お持ちのパソコンに、「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」がインストールされている場合は、このツールを利用し、バッテリ・リフレッシュを実施してください。(3か月に1度が目安です)
    バッテリ・リフレッシュ時に診断もおこなわれ、便利です。
    診断の結果「劣化」または「注意」と表示された場合は、NEC純正の新しいバッテリパックと交換してください。
    ●駆動時間が短くなったバッテリは、内部に使用されている電池の消耗度合いにバラツキが発生している可能性があります。
    電池の消耗度合いにバラツキがあるバッテリパックをそのまま使用し続けると、障害が発生することがあります。
  8. パソコンを使用していないときで、バッテリを充電していないときは、バッテリパックの劣化予防のため、ACアダプタをはずしてください。
    バッテリ駆動せず、ACアダプタを使用していても、長時間、ACアダプタをつないだ状態にしていると、バッテリパックの劣化を早めてしまいます。
    本体を使用していないときで、バッテリを充電していないときには、ACアダプタをはずしてください。
  9. お使いのパソコン用の正しいACアダプタを使用していることを確認してください。
  10. バッテリパックを保管する場合は、できるだけ湿度の低い冷暗所で保管してください。
    また、子供の手の届かない場所に保管してください。

    バッテリパックを長期保管するときには、過放電を防止するために、半年に1回くらいの割合で、50%程度の充電をしてください。保管時は、ビニール袋などに入れて端子のショートが起こらないようにし、ダンボールなどの電気を通さない箱に、バッテリパックが重ならないように入れてください。
  11. バッテリパックを処分する場合は、回収・リサイクルについての下記ページをご覧ください。
    リチウムイオン電池は、「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」により、回収・再資源化が求められております。
  12. バッテリパックを処分する場合は、次のページを参照してください。
    ●パソコンと同時に処分する場合: 「NEC製使用済みパソコン
    ●バッテリパックのみ処分する場合: 「二次電池
    ◎JEITA 社団法人電子情報技術産業協会 ( http://www.jeita.or.jp/japanese/ ) バッテリ関連Q&A も参照ください。


詳細説明1

バッテリは充電・放電を繰り返すと消耗し、ついには使用できなくなってしまいます。
修理にて寿命と判断された場合には、交換をおすすめします。(有償)
充電・放電寿命の目安としては、

●ニッケル−水素(Ni-MH)バッテリ:約300回
●リチウムイオン(Li-Ion)バッテリ :約300回



詳細説明2


バッテリは常に満充電状態を保てません。


バッテリの充電が満タンでも、ACアダプタより電圧供給されていないと時間が経つにつれて自然に放電してしまいます。満充電状態は保てません。


バッテリの減りが早いとき。

バッテリを使いきらずに充電・放電を繰り返すと、見かけ上の容量が少なくなり、パソコン使用時にバッテリの減りが異常に早く見える場合があります。実際には電圧が下がって一時的にバッテリの機能が低下しているだけで、バッテリ自体には問題のない場合があります。この現象を「メモリ効果」といいます。予防としては、常にバッテリを使い切った後、充電するように心掛けてください。「メモリ効果」が大きくなった時の対処方法として、「バッテリリフレッシュ」があります。バッテリリフレッシュを行うとバッテリ機能が回復します。バッテリリフレッシュの方法についてはマニュアルをご参照ください。

バッテリリフレッシュを行っても症状が変わらない場合は、バッテリ自体が消耗しており交換が必要となります。




バッテリ駆動時間に関する注意


バッテリ駆動時間や充電時間は、ご利用状況によって、カタログ等の記載時間と異なる場合があります。
NECでは、バッテリ駆動時間を、JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に準拠して測定しています。

バッテリ駆動時間は以下の条件で測定しています。(以下は一例です)

お使いのノートパソコンのバッテリ駆動時間測定条件については、商品情報の「仕様一覧」をご確認ください。
商品情報検索

(1) 「型番」または「シリーズ」から検索できます。
       お探しの機種をお好きな方法で検索してください。
(2) 検索した機種の商品仕様ページのメニューから、「仕様一覧」をクリックして
       ください。
(3) 「仕様一覧」が表示されたら、「バッテリ駆動時間」の項の注釈をご参照ください。

駆動時間=(測定法a+測定法b)/2


測定法a <条件>

  1. 動画再生ソフト:WindowsR Media Playerにて測定用動画ファイルを320×240のサイズで連続再生する。
  2. 「電源オプションのプロパティ」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「なし」に設定する。
  3. 音量:「ミュート」に設定する。
  4. LCDの輝度設定を最低に設定する。
  5. 30分放置後、測定を開始する。


測定法b <条件>

  1. 「電源オプションのプロパティ」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「3分後」に設定する。
  2. LCDの輝度設定を最低にする。
  3. 30分放置後、測定を開始する。


測定法a、b <共通条件>

  1. パフォーマンスオプションの視覚効果を 「パフォーマンスを優先する」 に設定する。
  2. システム構成ユーティリティから、「全般タブ」-「スタートアップのオプションを選択(S)」、「スタートアップの項目を読み込む」のチェックボタンを外す。
  3. デスクトップのアイコンの表示のチェックを外す。
  4. タスクバーの設定を「自動的に隠す」にチェックを入れる。
  5. 言語バーの設定を「表示しない」にチェックを入れる。
  6. サービスユーティリティで、すべてのTrend MicroのサービスとWindows Updateサービスの状態を「停止」、種類を「手動」に設定する。
  7. 「スクリーンセーバーの設定」を「スクリーンセーバー(S)」・「(なし)」に設定し、スクリーンセーバーを無効に設定する。
  8. Windows ファイアウォールのWindows Updateを「自動更新をしない」に設定する。
  9. Windows ファイアウォールを「無効」に設定する。
  10. 壁紙を白に設定する。
  11. 電源オプションのプランを「LaVie省電力」に設定する。
  12. 電源オプションの詳細設定を、以下の設定にする。
  13. 「追加の設定」
    「復帰後のパスワードを必要とする」:「はい」
    「ハードディスク」
    「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」:「なし」
    「ワイヤレスアダプタの設定」
    「省電力モード」:「省電力(高)」
    「スリープ」
    「次の時間が経過後スリープする」:「なし」
    「ハイブリッドスリープを許可する」:「オフ」
    「次の時間が経過後休止状態にする」:「なし」
    「USB設定」
    「USBの選択的な中断の設定」:「無効」
    「電源ボタンとLID」
    「LIDクローズの操作」:「なし」
    「電源ボタンの操作」:「スリープ状態」
    「スタートメニューの電源ボタン操作」:「スリープ状態」
    「PCI Express」
    「リンク状態の電源管理」:「最大限の省電力」
    「プロセッサの電源管理」
    「最小プロセッサの状態」:「5%」
    「最大プロセッサの状態」:「50%」
    「検索とインデックス作成」
    「省電力モード」:「省電力」
    「ディスプレイ」
    「次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る」:「なし」
    「状況に応じたディスプレイ」:「オン」
    「ディスプレイの明るさ」:「0%」
    「マルチメディアの設定」
    「メディアを共有するタイミング」:「コンピューターのスリープを許可します」
    「バッテリ」
    「バッテリ切れの操作」:「シャットダウン」
    「バッテリ低下のレベル」:「0%」
    「バッテリ切れのレベル」:「0%」
    「バッテリ低下の通知」:「オフ」
    「バッテリ低下の操作」:「何もしない」


このページの上に戻る


NEC Copyright(C) NEC Personal Computers, Ltd.