ページの先頭
  1. AtermStationホーム
  2. 製品一覧
  3. AtermWR8165N(STモデル)

AtermWR8165N(STモデル)

[筐体画像]

PA-WR8165N-ST

[店頭パッケージイメージ]

スマホも快適!
初めてでも簡単なエントリーモデル

2.4GHz帯 専用タイプ
11n/g/b(2.4GHz帯)

本製品に関するお知らせ

シンプル&コンパクトデザイン

スッキリ!アンテナ内蔵で手のひらサイズ。シンプルでコンパクトなデザイン

高性能アンテナを本体に内蔵し、無線性能は向上しながら、サイズダウン。弊社従来機と比べ、約60%のサイズダウンを実現
コンパクトなボディに高性能を凝縮しました。

  • ※ 2012年9月現在(当社調べ)

アンテナ内蔵でコンパクトながら離れた部屋へも高速ワイヤレスがしっかり届く

コンパクトデザインながら11nの高速ワイヤレスで快適

コンパクトデザインながら11n対応で快適な通信が楽しめるスタンダードモデル。

実際の住宅で測りました!WR8165N(STモデル)/当社11g対応機の無線速度測定

WR8160N(ST)の無線速度実測値

[測定方法]

親機のLANポートに接続したサーバパソコンから、子機を装着したクライアントパソコンへの暗号化無効、HT40モードの通信速度をiperf2.0.2にてTCP(Window Size 256K)で測定。(2012年11月、当社測定)

[測定環境]

○WR8165N(親機)-WL300NU-GS(子機)、WR1200H(親機)-WL54GU(子機)11g対応機
○サーバパソコン
 CPU:インテル® Core™2 T7200 2.00GHz
 メモリ:768MB
 OS:Windows XP Professional Version2002 SP2
 ※RWIN 262144bytes、MTU 1500bytesに設定
○クライアントパソコン
 CPU:インテル® Core™2 Duo T8300 2.40GHz
 メモリ:2GB
 OS:Windows Vista Business SP1
○木造家屋にて測定。
※実際の通信速度、通信距離を保証するものではありません。ご利用環境や接続機器などにより異なります。

【らくらくQRスタート】でスマホと簡単Wi-Fi接続

らくらくQRコード(パソコン)

「AtermらくらくQRスタート」(無償ダウンロードアプリ)を利用すれば、商品本体に貼付されているQRコードを読み取るだけで、スマートフォン・タブレット端末との無線LAN設定が簡単に行えます。
QRコードに無線接続とセキュリティの情報が埋め込まれているので読み取るだけで自動で設定可能です。
スマートフォンを手動で設定する際に必要だった面倒な暗号化キーの入力がなくなります。

らくらくQRスタート for Androidダウンロード(無料)はこちらから
らくらくQRスタート for iOSダウンロード(無料)はこちらから

パソコン・ゲーム機・プリンタとの接続もらくらく

無線LANの接続設定も、セキュリティ設定もボタンを押すだけ!【らくらく無線スタート】

らくらく無線スタートマーク

「らくらくスタートボタン」を押すだけで、SSIDや暗号化キーを含む設定情報を子機側に転送して自動登録できます。強固なAESモードが暗号化キーとして設定済みだから、安心です。

スマートフォンで利用できる「らくらく無線スタートEX for Android」もあります。くわしくは、スマートフォンをかんたん設定らくらく無線スタートEX for Androidをご覧ください。

WPS対応マーク

また、Wi-Fiが定めた無線LANの設定規格“WPS (Wi-Fi Protected Setup)”に対応したパソコンやプリンタなどとも、ボタンを押すだけの簡単設定です。

らくらく無線スタートとWPSの利用イメージ

  • ◎WPS機能は、「PINコード方式」にも対応
  • ※1 CD-ROMは「USBスティックセット」の添付品です。単体モデルには添付されません。

【らくらくネットスタート Lite】搭載

らくらくネットスタートLiteマーク

インターネット接続は本体に回線をつないで 電源を入れるだけでOK。
設定が必要なときは、ブラウザにメッセージ画面を表示して対応方法をお知らせするので安心です。

らくらくネットスタートLiteの利用イメージ

パソコンはより強固な"AES"、ゲーム機などは"WEP"で。2つのセキュリティ方式が同時に使える【マルチSSID機能】

マルチSSID

仮想的な2つのアクセスポイント名(SSID)をもうけ、それぞれに「AES」と「WEP(128bit)」の暗号化設定を割り当て。「AES」を利用する無線LAN子機と、ゲーム機など「WEP」対応の子機の2台を同時に使える[マルチSSID機能]を搭載しました。[らくらく無線スタート]を使えば、 WR8165Nが子機側の無線LAN規格を判別し、適切な暗号化方式で接続設定を自動的に登録※1するためカンタン、手間ナシです。

[マルチSSID]機能対応で、WPA対応子機とWEP専用子機(ニンテンドーDS等)が混在可能

  • ※1 子機側の対応可能な無線LAN規格が11bのみの場合に自動的にWEPが設定されたSSIDに接続されます。

【ネットワーク分離機能】を搭載

ネットワーク分離機能でセカンダリSSIDに接続した機器はインターネットへのアクセスだけできるようにし、プライマリSSIDや有線LANに接続の機器へのアクセスを制限することができます。例えばWEP暗号化を設定したゲーム機から、強固なAES暗号化を設定したパソコンにアクセスできないので安心です。さらにセカンダリSSIDには「AES」も設定できるので、一家で仕事用と家庭用の無線機器を分離させたネットワークも利用できます。

ネットワーク分離機能に加え、高次元のSSID分離(セパレータ)機能を搭載

電波状態の良いチャネルを自動選択してくれるから快適【オートチャネルセレクト】

オートチャネルセレクト

起動時に、周囲にある他の無線LAN機器のアクセスポイントをサーチして、最も電波状態の良い、空いているチャネルを自動的に選択。電波干渉を受けにくいチャネルで、快適な通信が楽しめます。

電波状態の良いチャネルを自動選択してくれるから快適 オートチャネルセレクト

環境にも家計にもやさしく使える省エネ設計

動作時の最大消費電力を、わずか3Wにおさえた省エネ設計。WR8160Nに比べ約50%もカットしました。 また、使わない時間帯はタイマーで無線LANを自動でOFFにする[無線LANスケジュール機能]を搭載。 さらに、使っていないLANポートを自動で判別し ムダな電力の消費を節約する[LANポート自動節電] を搭載し、とことん“ECO”を追求しました。

  • ◎[無線LANスケジュール機能]は、各曜日/平日/毎日からセレクトでき、3パターンまで登録可能です。

毎日、決まった一定の時間帯に無線LAN機能を停止することができます。

通信距離が広がる【Wi-Fi中継機モード】を搭載

Wi-Fi親機とWi-Fi子機の間に設置して電波を中継(リレー)する機能です。Wi-Fi親機と通信可能な範囲がさらに広がります。

  • ※WR8165Nの中継機モードは、親機−中継機と中継機−子機の通信で 同じ無線チャネルを交互に使用する(時分割)方式です。そのため、親機と子機で直接通信するより通信速度が落ちる場合があります。
  • ※ Wi-Fi 中継機モードをご使用になるには、「クイック設定Web」にてWi-Fi中継機として設定後、Wi-Fi親機とWi-Fi中継機をWPS機能を利用して接続してください。
  • ※ WR8165NがWi-Fi中継機として使用できるWi-Fi親機は、2010年10月以降に発売されたAterm親機となります。ただし、5GHz/2.4GHz同時利用機については、2.4GHzでの接続となります。
  • ※ Wi-Fi中継機の場合は、使用できるネットワークはプライマリSSIDのみです。
  • ※ WR8165NとWi-Fi親機をWPSで接続する場合は、あらかじめWi-Fi親機の暗号化モードを「WPA2-PSK(AES)」に設定してから行ってください。AtermのWi-Fi親機については、工場出荷時に「WPA2-PSK(AES)」または同等の設定になっています。

無線LAN中継機能イメージ

主な接続確認済み事業者

NTT東日本 FLET'S 光 NEXT対応、Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、auひかり、ADSL one、eo光、コミュファ光、Pikara、MEGA EGG、BBIQ、Ucom、eAccess、Yahoo!BB、CATV

  • 「フレッツ 光ネクスト」その他のフレッツサービス名は、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
  • 「(各種)フレッツサービス」との接続については、2012年8月時点において、NECプラットフォームズ(株)が接続確認を実施したものです。将来にわたって必ずしも接続性を保証するものではありません。
  • CATV事業者によっては、ルータ機能を持つ機器の接続が認められていない場合があります。事前に「接続確認済ブロードバンド事業者リスト」をご確認ください。