共通ナビゲーションを飛ばす
現在のページの位置
ホーム > ダウンロード > ソフトウェア > AtermWR7800H

Aterm WR7800H ソフトウェアダウンロード

本ページでは、Aterm WR7800Hに関する以下のソフトウェアを提供しています。

  ポイント 無線LAN子機用のソフトウェアは、「無線LAN子機」ページをご覧ください。
  ポイント 無線LAN内蔵パソコンをご利用の場合は、「共通ソフトウェア」ページをご覧ください。

ソフトウェアの内容

ダウンロード前に「ご利用にあたっての注意事項」および「ソフトウェアのご使用条件」を必ずお読みください。
ダウンロードをされた場合は本使用条件にご同意いただけたものといたします。
バージョンアップ方法は、こちらをご覧ください。
必要に応じて取扱説明書機能詳細ガイド をご覧ください。
WR7800Hファームウェア Ver8.72  (2006/07/27)

ダウンロードWR7800Hファームウェアをダウンロード

更新内容
1. 無線LAN(IEEE802.11a)につきまして、旧5.2GHz帯(J52)の対応から新5.2GHz帯(W52)への対応が可能になりました。
※「J52」対応製品のバージョンアップによる「W52」対応は、2011年5月31日までの経過措置として認められていましたが、サービスの提供は終了させていただきました。
2. 「IPv6ブリッジ機能(※1)」に対応しました。
3. らくらくスタートボタン(SETスイッチ)を利用した、アクセスポイントモードへの簡単切り替えが可能になりました。
4. アクセスポイントモードのときPPPランプが橙点灯することで、動作モードが確認できるようになりました。
※1
ブロードバンド映像配信の一部のサービスは無線で利用できない場合があります。セットトップボックスは無線LANアクセスポイント(親機)に有線LAN接続でご利用ください。
※2
新ファームウェア(Ver8.72)にバージョンアップされた場合は、以前のバージョン(Ver8.65以前)に戻せなくなりますのでご注意ください。
  更新履歴はこちらをご覧ください。
ファイルサイズ 1406KB
ファイル形式 ZIP形式圧縮ファイル
対応OS Windows Vista®/Windows® XP/2000 Professional/Me/98SE/98、Mac OS X/9.x/8.x

バージョンアップ方法

バージョンアップは必ずファームウェアから先に行ってください。
バージョンアップを行う前に、パソコンのすべてのアプリケーションと、タスクトレイなどに常駐しているアプリケーションを終了させてください。
ファームウェアのバージョンアップ中は絶対に本商品の電源を切らないでください。
まれに、ファームウェアのバージョンアップ中にエラーが発生することがありますが、その場合にはお手数ですが、もう一度初めからやり直してください。
●ファームウェアのオンラインバージョンアップ手順
クイック設定Webからファームウェアのダウンロードとバージョンアップを同時に行うことができる「オンラインバージョンアップ」に対応しています。詳しくはこちらをご覧ください。
●ファームウェアの手動バージョンアップ手順
現在のファームウェアを確認する手順はこちらをご覧ください。
 バージョンアップの準備
1. ファームウェア(ZIP形式圧縮ファイル)をパソコンの任意のフォルダへダウンロードします。
2. ダウンロードしたファイルを解凍すると、ファームウェアファイルが作成されます。
※ZIP形式圧縮ファイルの解凍には、別途解凍ツールが必要です。
 バージョンアップ手順                   ポイント 画像を用いたファームウェアのバージョンアップ手順を確認
1. クイック設定Webのページを開きます。
WWWブラウザを起動して、「http://web.setup/」と入力し、 「クイック設定Web」画面を開きます。
(WR7800HのIPアドレスを入力して開くこともできます。初期値は「http:// 192.168.0.1/」です。)
「クイック設定Web」画面が開かない場合は、「機能詳細ガイド」の「お困りのときには」を参照してください。
※「管理者パスワードの初期設定」画面が表示されたら、管理者パスワードを設定してください。
2. ユーザー名に「admin」、管理者パスワードを入力し、「OK」をクリックします。
3. メニューにある 「メンテナンス」 の▼をクリックし、「ファームウェア更新」を選択します。
4. 「現在のファームウェアバージョン」を確認してください。
※「現在のファームウェアバージョン」がバージョンアップソフトウェアと同じあるいは新しい場合は、ファームウェアのバージョンアップは不要です。
5. 「更新方法」で「ローカルファイル指定」を選択します。
「ファームウェアファイル」の「参照」をクリックし、ファームウェアファイルを指定して、「更新」 をクリックします。
※バージョンアップの途中で電源を切らないでください。
6. 完了メッセージが表示されますので、「OK」をクリックします。
7. 以上でファームウェアのバージョンアップは完了です。 

ご利用にあたっての注意事項

●IPv6ブリッジ機能のご利用について
利用可能なイーサネットコンバータ子機はWL54SE2/WL54SE(ファームウェアVer.1.0d以上)です。WL54SEはバージョンアップが必要な場合があります。WL54TE/WL11E2は対応しておりません。
  → WL54SEバージョンアップページ
ブロードバンド映像配信の一部のサービスは無線で利用できない場合があります。セットトップボックスは無線LANアクセスポイント(親機)に有線LAN接続でご利用ください。
●XR機能について
無線LAN中継(WDS)機能のアクセスポイント間の通信は通常モードの通信となり、XR機能はご利用できません。
無線LAN中継(WDS)機能のアクセスポイント間の通信は通常モードの通信となり、Super AGの各機能はご利用できません。
●その他
クイック設定Webを、Netscape Navigator 4.x でご使用になった場合、「設定不可である項目がグレーアウトしない」 「[最新状態に更新]ボタンを押しても画面が更新されない」 「各設定項目のチップヘルプが出ない」などの現象が生じる場合があります。
クイック設定Webは、Windows Vista®の場合、Internet Explorer Ver.7.0以上、Windows® XP/2000 Professional/Me/98SE/98の場合、Internet Explorer Ver.5.5以上または、Netscape® 6.1以上、Mac OS X/9.x/8.xの場合、Internet Explorer Ver.5.0以上または、Netscape® 6.01以上でご利用になることを推奨します。
クイック設定Webを、Internet ExplorerまたはNetscape®でご使用になる場合、 「JavaScript®」が有効になっている必要があります。
Windows® XP( Internet Explorer Ver.6.0) の場合、 「ツール」>「インターネットオプション」>タブの「セキュリティ」> 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックし、「スクリプト」の「アクティブスクリプト」を「有効にする」と設定願います。
Macintoshでは Universal Plug & Playに対応しておりません。
AirMacでWEP暗号化キーをご使用になる場合は、必ずWARPSTARベースの暗号化キーは1番をお使いください。
AirMacでは無線LANの暗号化キーをパスワードとして入力します。
ここからダウンロードしたファイルの実行時に、「セキュリティの警告」画面が表示される場合がありますが、問題はございませんので「実行」をクリックしてインストールを継続してください。