Outlook Expressでハイパーリンクを設定/削除する方法

対象機種 PC98-NX、PC-9821 PC98-NX、PC-9821
対象OS Windows Millennium Edition、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:001456  更新日:2017/03/29

Outlook Expressで、ハイパーリンクを設定/削除する方法について教えてください。

Outlook Expressで、メール文章を入力中に文字列がハイパーリンク指定された場合の修正や変更方法について案内します。

Outlook Expressで、メール文章を入力中に文字列がハイパーリンク指定された場合の修正や変更方法について案内します。

はじめに

Outlook Expressでは、メール本文中に特定の文字列が入力されると、文字列と、その後に続く文章の色が変わることがあります。

その文字列は「ハイパーリンク」と言い、インターネットサイトやメール、画像、音声、動画などの各種情報へ結び付けるものです。
メールの受け取り側で、この文字色とアンダーラインが付いた部分をクリックすると、自動的にそのリンクに関係するアクションが実行されるようになります。
※ 全角英数字で文字の入力を行うと、ハイパーリンクには設定されません。

(例)文字色の青い箇所をクリックすると、「Q&A_Sample」というWebページが開く

ここでは、メール送信前にハイパーリンクの編集(リンク先URL情報の修正やリンクアクションの変更など)を行う方法について案内します。

操作手順

Outlook Expressでハイパーリンクを設定/削除するには、以下の操作手順を行ってください。

1. テキスト形式メールの場合

テキスト形式メールでハイパーリンクの設定を編集する場合は、以下の操作手順を行ってください。

  1. ハイパーリンク指定になった文字列をマウスで範囲指定し、右クリックして表示された一覧から「プロパティ」をクリックします。

  2. 「ハイパーリンク」が表示されます。
    「URL」ボックスにハイパーリンク定義されたアドレスが表示されるので、指定が誤っている場合は手動で編集します。
    「種類」はアクション情報です。ハイパーリンクのアクションを変更したい場合はこれを変更します。

    補足

    URLアドレス以外の文字列部分を編集すると、本文も意図しない範囲が修正されてしまいます。
    例として、「はじめに」の画像にある「http://Q&A_Sampleです。」の「です。」がそれに該当します。
    ハイパーリンクとして正しくメール送信者へアクセスさせたい場合は、これらのURLアドレスに含まれる個所のみを改行させたり、ハイパーリンク指定個所の前後に来る文字列をスペースなどを入れ、離して記載してください。

以上で操作完了です。

2. リッチテキスト形式(HTML)メールの場合

リッチテキスト形式の場合は、ハイパーリンクの削除が可能です。
ハイパーリンク指定された文字列をマウスで範囲指定し、ファイルメニューから「編集」→「ハイパーリンク削除」の順にクリックして、ハイパーリンクの削除を行います。

ハイパーリンクを編集する場合は、プロパティから編集を行う方法と、HTML記述を直接書き換える方法があります。
プロパティから編集を行う場合は、「1. テキスト形式メールの場合」と同様の手順です。
HTML記述を直接書き換える方法で行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. ファイルメニューから「表示」「ソースの編集」を指定し、チェックを入れます。
  2. メール作成画面の左下に表示された「ソース」タブをクリックし、ソース画面を開きます。
  3. HTML記述ソース一覧にある「<a href="〜」で始まる文字列などがハイパーリンクの指定になるので、直接編集を行います。

以上で操作完了です。

補足

Outlook Expressでは、以下の表に示す文字列を入力すると、自動的にハイパーリンクが設定されます。
これはOutlook Expressがインターネットプロトコルなどと密接に統合された、一貫した操作機能を持っているためです。

インターネットプロトコル 機能説明
http://
https://
ハイパーテキストプロトコル。WebページのURLなどを表す
(https://はセキュリティ形式)
mailto: 電子メールアドレスにメッセージを送信する
file:// ¥¥サーバ名) イントラネット上のファイルを開く
(ネットワーク共有資源参照で使用される「¥¥資源提供サーバ名」)
ftp://ファイル転送プロトコル。インターネット経由のファイル転送を行う
gopher://
wais://
インターネット上の情報検索システムへのアクセスプロトコル
news:
nntp://
ニュースサーバのニュースグループを開く
(ネットニュース転送プロトコル。インターネット経由でメッセージの配布、掲示を行う)
telnet:// 異なる場所からサーバに対してログインする

インターネット形式オブジェクトとして、「http」「file」「ftp」「telnet」「mailto」などがあります。
コロン[:]の前はプロトコル手段となり、後ろのスラッシュ[/]はインターネット形式であること、またサイト名や接続先を表します。

↑ページトップへ戻る