文字サイズを変更する
情報番号:001698
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Media Center Edition 2005、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、Windows NT Workstation 4.0、Windows NT Server 4.0
最終更新日:2017/08/25
印刷する

◆ Word 2000やExcel 2000、Outlook Expressで日本語入力していると「モジュールIMEJPKNL.DLL」とエラーメッセージが表示される場合の対処方法

Q Word 2000で日本語入力していると「WINWORDのページ違反」、「モジュールIMEJPKNL.DLL」とエラーメッセージが表示されます。

また、Excel 2000やOutlook Expressで日本語入力していると「MSIMNのページ違反です。モジュールIMEJPKNL.DLL」とエラーメッセージが表示されます。
対処方法を教えてください。

A
対処方法
  MS-IMEのユーザー辞書が壊れている可能性があります。
辞書/学習修復を行うことで直る場合があります。

ユーザー辞書を辞書/学習修復を行うには、以下の操作を行ってください。

【操作手順】

  1. IMEツールバーの「プロパティ」ボタンをクリックします。



  2. 「辞書/学習」タブをクリックし、「ユーザー辞書」の「修復」ボタンをクリックして、最後に「OK」ボタンをクリックします。


以上で操作完了です。

対象機種
  以下の Microsoft Wordをご使用のお客様

対象のWord製品
Word 2000

以下の Microsoft Excelをご使用のお客様

対象のExcel製品
Excel 2000

お使いの ExcelやWordのバージョンを確認する方法は、情報番号:006876を参照してください。

また、Microsoft Office シリーズに対応しているOSについては、情報番号:005745を参照してください。


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  特にありません。

補足
  特にありません。
 

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。