Windows XPのMicrosoft IME 2003で記号や顔文字の読み方がわからない場合の対処方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:002145  更新日:2016/05/11

Windows XPのMicrosoft IME 2003で、記号や顔文字の読み方がわからない場合の対処方法について教えてください。

Microsoft IMEのヘルプから、特殊記号や顔文字の読みを一覧で確認することができます。

Microsoft IMEのヘルプから、特殊記号や顔文字の読みを一覧で確認することができます。

はじめに

Windows XPのMicrosoft IME 2003で、特殊な記号や顔文字を表示するには、該当する読み方を入力して変換する必要があります。
特殊記号や顔文字の読み方については、Microsoft IME 2003のヘルプから一覧で確認することができます。

※ ここではMicrosoft IME 2003で案内していますが、以前のバージョンのMicrosoft IMEでも同様の操作が行えます。

対処方法

Windows XPのMicrosoft IME 2003で記号や顔文字の読み方がわからない場合は、以下の対処方法を行ってください。

  1. 言語バーから「ヘルプ」をクリックします。
    言語バーから「ヘルプ」をクリックします

  2. 表示された一覧から「Microsoft IMEスタンダード2003」にマウスポインタを合わせて、「目次とキーワード」をクリックします。
    表示された一覧から「Microsoft IMEスタンダード2003」にマウスポインタを合わせて、「目次とキーワード」をクリックします

  3. 「Microsoft IMEスタンダード日本語入力システム」が表示されます。
    画面左側の「目次」タブから、「入力しにくい文字の入力」をダブルクリックし、「特殊文字入力の一覧」または「顔文字入力の一覧」をクリックします。
    画面左側の「目次」タブから、「入力しにくい文字の入力」をダブルクリックし、「特殊文字入力の一覧」または「顔文字入力の一覧」をクリックします

以上で操作完了です。

画面右側に表示された一覧から、読み方を確認してください。

補足

顔文字を入力するには、「話し言葉辞書」を設定する必要があります。
Microsoft IME 2003のヘルプから、「話し言葉辞書の利用のしかた」を参照して設定を行ってください。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Microsoft IME 2003がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る