Outlook Express 5でメールの受信はできるが送信ができない場合の対処方法

Outlook Express 5でメールの受信はできるが送信ができない場合の対処方法

Q&A番号:002481  更新日:2016/02/22
対象機種 PC98-NX、PC-9821 PC98-NX、PC-9821
対象OS Windows Millennium Edition、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional

Q&A番号:002481  更新日:2016/02/22

Outlook Express 5で、メールの受信はできるが送信ができない場合の対処方法について教えてください。

Outlook Express 5で、メールの受信はできるが送信ができない場合の対処方法について案内します。

Outlook Express 5で、メールの受信はできるが送信ができない場合の対処方法について案内します。

対処方法

Outlook Express 5でメールの受信はできるが送信ができない場合は、以下の操作手順を行ってください。

1. メールアカウントの確認をする

下記の手順を参照して、Outlook Express 5のメールアカウントを確認してください。

準備

メールアカウントの確認前に、プロバイダから送付された会員書(会員情報)から次の各情報をあらかじめ手元に用意してください。

ユーザ情報

  • メールアドレス
    例:xxx@xxx.xxx.xx.jp

サーバ情報

  • 送信メール(SMTP)サーバー名
    例: xxx.xxx.xxx.xx.jp
    ※ 受信メールサーバー名と送信メールサーバー名が同一である場合もあります。プロバイダによっては、契約された後に各種設定が変更されている場合がありますので、この場合はプロバイダに確認してください。

設定を確認する

メールアカウントの設定を確認するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Outlook Express 5の「ツール」→「アカウント」をクリックします。

  2. 「メール] タブをクリック後,設定されているアカウントを選択し「プロパティ」をクリックします。

  3. 「全般」タブをクリックし、「ユーザー情報」ボックスにある「電子メールアドレス」が正しいか確認します。
    特に「.」と「,」の打ち間違いがないかを確認してください。
    ※ 電子メールアドレスはプロバイダから提供されます。不明な場合はプロバイダへ確認してください。

  4. 「サーバー」タブをクリックし、「サーバー情報」の「送信メール(SMTP)」情報が正しく設定されていることを確認します。
    特に「.」と「,」の打ち間違いがないかを確認してください。
    ※ 送信メール(SMTP)はプロバイダから提供されます。

  5. 「OK」をクリックします。

  6. 「インターネットアカウント」ウィンドウで「閉じる」をクリックします。

以上で操作完了です。

Outlook Express 5の「送受信」をクリックして、メールの送受信ができれば正常です。

2. 送信トレイに残っているメールを削除する

Outlook Express 5の送信トレイに壊れたメールが入っていると、そのメールより後に作成されたメールが送信できません。
この場合、壊れたメールを削除する必要があります。

壊れたメールを削除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. フォルダ一覧から、送信トレイをクリックします。

  2. 送信トレイ中のメール一覧が表示されるので、「送信日時」より古いメールをクリックします。

  3. メニューバーの「削除」をクリックします。

  4. 「送信トレイ」フォルダからメールが削除されます。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る