文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:002557
対象シリーズ:PC98-NX、PC-9821
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95、Windows 2000 Professional、Windows NT Workstation 4.0
最終更新日:2011/07/08
印刷する

◆ Internet Explorerでコンテンツアドバイザーを設定したところ、Internet Explorer起動時にパスワードの入力画面が出るようになってしまった場合の対処方法

Internet Explorerでコンテンツアドバイザーを設定したところ、Internet Explorer起動時にパスワードの入力画面が出るようになってしまった場合の対処方法

現象
 
 Internet Explorerでコンテンツアドバイザーを設定したところ、
 Internet Explorer起動時にパスワードの入力画面が出るようになってしまった。 

対処方法
 
  下記の操作手順を行ってください。

  「コンテンツ アドバイザ」はインターネット上にある特定の種類のコンテンツ
  (不快感を与えるホームページ等)を閲覧できないようにすることが可能です。
  コンテンツ アドバイザを有効にすると、規制情報が設定されていないコンテンツや、
  指定した基準を満たさないコンテンツは表示されなくなります。

  パスワードはそれらの設定を第3者が自由に変更できないようにするためのものです。

  なお、パスワードを忘れた場合パソコンを再セットアップする必要があります。
  再セットアップの手順については添付マニュアル「困った時のQ&A」に記載されています
 「再セットアップについて」を参照してください。


 【操作手順】

  1.Internet Explorerの「ツール」→「インターネットオプション」をクリックします。

    


  2.「インターネットオプション」ウィンドウの「コンテンツ」タブをクリックします。

    


  3.「コンテンツ アドバイザ」の「設定」ボタンをクリックします。

    


  4.「スーパーバイザパスワードの入力」ウィンドウでパスワードを入力し、
   「OK」ボタンをクリックします。

    


  5.「全般」タブをクリックします。

    


  6.「規制されていないサイトを表示する」にチェックを入れます。

    


  7.「スーパバイザパスワードを入力し、規制されているコンテンツを表示する」の
    チェックを外し「OK」ボタンをクリックします。

    


  8.「インターネット オプション」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックします。

    




◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。