Outlook 2003で送信したメールが読まれたかどうかを確認する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:002768  更新日:2016/04/12

Outlook 2003で、送信したメールが読まれたかどうかを確認する方法について教えてください。

Outlook 2003で「開封確認」機能を利用してメールを送信すると、相手が開封したかどうかを確認することができます。

Outlook 2003で「開封確認」機能を利用してメールを送信すると、相手が開封したかどうかを確認することができます。

はじめに

Outlook 2003では、「開封済みメッセージ」の設定を変更することで、送信したメールが開封されたかどうかを確認できます。
受信者が開封確認の機能に対応したメールソフトを利用している場合、「開封済みメッセージ」付きのメールを開封すると、「メッセージの差出人は、開封確認を要求しています。…」というメッセージが表示されます。

受信者が確認メッセージの送信を許可しなかった場合や、未対応のメールソフトを利用している場合は開封確認メッセージを受け取ることはできません。

対処方法

Outlook 2003で送信したメールが読まれたかどうかを確認するには、以下の情報を参照してください。

1. 開封確認の仕組み

送信したメールが読まれたかどうかを確認する仕組み(開封確認の仕組み)は、以下のようになっています。

  1. 送信者Aがメールに「開封確認メッセージの要求」を付けて送信する
  2. 受信者Bがメールを受け取って開くと、開封確認を要求するメッセージが表示される
  3. 受信者Bがメッセージにて「はい」をクリックすると、「開封確認のメッセージ」メールが送信者Aに送信される
  4. 送信者Aが「開封確認のメッセージ」を受け取り、メールが読まれたことを確認する

2. 送信したメールが読まれたかどうかを確認する方法

Outlook 2003で送信したメールが読まれたかどうかを確認するには、以下の操作手順を行ってください。

メール作成時に「開封確認メッセージの要求」を付ける方法

メール作成時に「開封確認メッセージの要求」を付けるには、以下の操作手順を行ってください。

  1. メールの作成画面を表示して、宛先、件名、本文を入力します。
    メールの作成画面を表示して、宛先、件名、本文を入力します

  2. メールの作成画面で、「オプション」をクリックします。
    メールの作成画面で、「オプション」をクリックします

  3. 「メッセージオプション」が表示されます。
    「送信/確認オプション」欄の「開封済みメッセージを受け取る」にチェックを入れて、「閉じる」をクリックします。
    「送信/確認オプション」欄の「開封済みメッセージを受け取る」にチェックを入れて、「閉じる」をクリックします

  4. メールを送信します。

以上で操作完了です。

受信者がメールを開いた後、「開封確認メッセージ」が返信されたことを確認してください。
受信者がメールを開いた後、「開封確認メッセージ」が返信されたことを確認してください

「開封確認メッセージの要求」をすべてのメールに付ける方法

「開封確認メッセージの要求」をすべてのメールに付けるには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「ツール」をクリックして、表示された一覧から「オプション」をクリックします。
    「ツール」をクリックして、表示された一覧から「オプション」をクリックします

  2. 「オプション」が表示されます。
    「電子メール」欄の「メールオプション」をクリックします。
    「電子メール」欄の「メールオプション」をクリックします

  3. 「メールオプション」が表示されます。
    「確認オプション」をクリックします。
    「確認オプション」をクリックします

  4. 「確認オプション」が表示されます。
    「開封済みメッセージ」(または「開封済みメッセージを受け取る」)にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
    「開封済みメッセージ」(または「開封済みメッセージを受け取る」)にチェックを入れて、「OK」をクリックします

  5. 「OK」をクリックして、「メールオプション」画面と「オプション」画面を閉じます。

  6. メールを作成して送信します。

以上で操作完了です。

受信者がメールを開いた後、「開封確認メッセージ」が返信されたことを確認してください。
受信者がメールを開いた後、「開封確認メッセージ」が返信されたことを確認してください

3. 開封確認メッセージが返信されない場合

受信者の設定や環境が以下のいずれかに該当する場合、開封確認メッセージは返信されないため、送信者は送信メールが読まれたかどうかを確認することができません。

  • 開封確認メッセージの送信を拒否する操作を行った
    受信者が開封機能を知らない場合、「開封確認メッセージの要求」に対して「いいえ」をクリックした可能性があります。
    メールを開いたとき、開封確認のメッセージが表示されることと、「はい」をクリックすることを事前に伝えておくことをおすすめします。

    Outlookの場合
    Outlookの場合

    Outlook Expressの場合
    Outlook Expressの場合

  • 開封確認メッセージを送信しない設定になっている
    受信者に、以下の操作方法を行い、開封確認メッセージを返信する設定に変更するよう伝えてください。

    Outlookの場合
    「ツール」→「オプション」→「メールオプション」→「確認オプション」の順にクリックします。
    「送信前に確認する」をクリックして、「OK」をクリックします。
    「送信前に確認する」をクリックして、「OK」をクリックします

    Outlook Expressの場合
    「ツール」→「オプション」の順にクリックします。
    「確認メッセージ」タブをクリックし、「開封確認メッセージの要求を通知する」をクリックして、「OK」をクリックします。
    「確認メッセージ」タブをクリックし、「開封確認メッセージの要求を通知する」をクリックして、「OK」をクリックします

  • OutlookまたはOutlook Expressを使用していない
    受信者が電子メールソフトにOutlookまたはOutlook Expressを使用していない場合、開封確認を行うことはできません。

  • 旧バージョンのOutlookまたはOutlook Expressを使っている
    バージョンが古い場合、開封確認の機能に対応していない可能性があります。

    Outlook Expressの場合、以下の情報を参照して、Outlook Expressを最新版にすることができます。
    Q&AOutlook Expressを最新バージョンに更新する方法

↑ページトップへ戻る

対象製品

Outlook 2003がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る