文字サイズを変更する
情報番号:002917
対象シリーズ:VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX
対象OS:Windows Millennium Edition
最終更新日:2017/06/26
印刷する

◆ Wordを終了時に「Winwordが原因でMSGR2JP.DLLにエラーが発生しました」とエラーメッセージが表示された場合の対処方法

Q Wordを終了時に「Winwordが原因でMSGR2JP.DLLにエラーが発生しました」とエラーメッセージが表示された場合の対処方法を教えてください。

A
対処方法
  Wordを終了時に以下のようなエラーメッセージが表示される場合があります。

《Windows Meの場合》
Winwordが原因でMSGR2JP.DLLにエラーが発生しました。
Winwordは終了します。 問題が解決しない場合は、コンピュータを再起動してください。
《Windows XPの場合》
"0x44e27780"の命令が"0x01301e94"のメモリーを参照しました。メモリーが"read"になることはできませんでした。
プログラムを終了するには、[OK]をクリックしてください。
  • この問題は、Word 2002にて修正されています。
     
  • 対象機種の確認はここクリックしてください。
     
この現象は、以下の条件を全て満たした場合に発生する可能性があります。

この現象は、Word 2000の自動文章校正の機能を外すことで回避できます。
自動文章校正の機能を外すには、以下の操作を行ってください。

【操作手順】

  1. Word 2000を起動し、メニューバーより「ツール」→「オプション」をクリックします。



  2. 「文章校正」タブをクリックし、「自動スペルチェック」と「自動文章校正」のチェックマークを外して、「OK」ボタンをクリックします。



  3. Word 2000を終了します。

以上で操作完了です。

対象機種
  以下の Microsoft Wordをご使用のお客様

対象のWord製品
Word 2000

お使いの ExcelやWordのバージョンを確認する方法は、情報番号:006876を参照してください。

また、Microsoft Office シリーズに対応しているOSについては、情報番号:005745を参照してください。


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
  この情報の詳細は、以下のMicrosoft社のホームページで案内していますので参照してください。

サポート技術情報 - 416709

補足
  特にありません。
 

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。