Windows XPのユーザーアカウントの種類について

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:002984  更新日:2015/10/01

Windows XPのユーザーアカウントの種類について教えてください。

Windows XPのユーザーアカウントは、パソコンの使用用途に応じて3つの種類に分かれます。

Windows XPのユーザーアカウントは、パソコンの使用用途に応じて3つの種類に分かれます。

はじめに

Windows XPでは、複数のユーザーアカウントを作成することができます。
同じパソコンを複数名で使用する場合、使用する人(ユーザー)ごとにユーザーアカウントを作成することで、個別にパソコンの使用環境を設定できます。

ユーザーごとにアカウントを作成する利点(一例)

  • ユーザーごとにデスクトップ画面の見た目を変更できる
  • ユーザーごとにInternet Explorerの「お気に入り」設定ができる
  • ユーザーごとの環境を構築できる(一部、例外あり)

ユーザーアカウントには、「コンピュータの管理者」「制限付きアカウント」の2種類と、必要最小限の操作のみを行える「Guest」があります。ここでは、それぞれのユーザーアカウントの概要について案内します。

※ 現在パソコンにログオンしているユーザーアカウントを確認する方法は、補足を参照してください。

説明

ユーザーアカウントの概要については、以下の説明を確認してください。

以下の項目を確認してください。

1. コンピュータの管理者

「コンピュータの管理者」に設定したユーザーは、パソコンを管理するための操作を行うことができます。

可能な操作の一例

  • ユーザーアカウントの作成、変更、削除
  • アプリケーションのインストールと使用
  • 全ファイルの操作(特殊な個人ファイルを除く)
  • ネットワークの設定
  • セキュリティの設定
  • ハードウェアの設定 など

「コンピュータの管理者」は、Windowsの設定にかかわる操作を行うことができ、操作を誤ると、パソコンの動作に問題が発生することがあります。
そのため、「コンピュータの管理者」は1台のパソコンに1つだけ設定し、ほかのユーザーには「制限付きアカウント」を設定することをおすすめします。

2. 制限付きアカウント

制限付きアカウントに設定したユーザーは、パソコンを使用するうえで必要最小限の操作のみを行うことができます。

可能な操作の一例

  • 自分のユーザーアカウントのパスワードや画像の変更
  • インストールされているアプリケーションの使用
  • 自分用のファイルの操作 など

制限付きアカウントは、アプリケーションのインストールやシステム設定などを行うことができない代わりに、パソコンの不具合に結びつく可能性がある操作について制限されています。
トラブル防止のため、日常的に行うインターネットやメール、文書作成などの操作については、制限付きアカウントで行うことをおすすめします。

※ 一部のアプリケーションでは、制限付きアカウントで正しく動作しないことがあります。その場合は、「コンピュータの管理者」アカウントで操作してください。

3. Guest

Guestでパソコンにログオンしたユーザーは、制限付きアカウントと同様、パソコンを使用するうえで必要最小限の操作のみを行うことができます。

可能な操作の一例

  • Guestアカウントの画像変更
  • インストールされているアプリケーションの使用
  • 自分用のファイルの操作 など

Guestアカウントは、日常的にパソコンを使用しないユーザーがパソコンにログオンする際に使用します。

補足

パソコンにログオンしているユーザーアカウントの種類を確認するには、以下の操作手順を行ってください。
※ Windows XP Professionalでドメインの設定を行った場合は、以下の方法で確認することができません。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ユーザーアカウント」をクリックします。
    「ユーザーアカウント」をクリックします

  3. 「ヘルプ」欄の「ユーザーのアカウントの種類」をクリックすると、詳細を確認できます。
    「ヘルプ」欄の「ユーザーのアカウントの種類」をクリックします

以上で操作完了です。

※ ユーザーアカウントの概要については、手順3で「ヘルプ」欄の「ユーザーアカウント」をクリックしてください。

↑ページトップへ戻る