Windows XPのペイントで写真や画像に文字を入れる方法

Windows XPのペイントで写真や画像に文字を入れる方法

Q&A番号:002995  更新日:2017/07/26
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional

Q&A番号:002995  更新日:2017/07/26

Windows XPのペイントで、写真や画像に文字を入れる方法について教えてください。

Windows XPのペイントを使用すると、文字の色やフォントなどを自由に設定して、写真や画像の好きな場所に挿入することができます。

Windows XPのペイントを使用すると、文字の色やフォントなどを自由に設定して、写真や画像の好きな場所に挿入することができます。

はじめに

ペイントでは、写真や画像の好きな場所に、色やフォントなどを自由に設定して、文字を挿入することができます。

文字を入力する場合、通常は横書きで入力されますが、書式バーの縦書き入力機能を利用することで、文字入力の向きを縦書きに変更することができます。
Windows XPのペイントで、文字入力の向きを縦書きに変更したい場合は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XPのペイントで文字を縦書きで入力する方法

操作手順

Windows XPのペイントで写真や画像に文字を入れるには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここでは例として、Windows Meの画面で案内していますが、Windows XPでもほぼ同様の操作が行えます。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」の順にクリックします。
    「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」の順にクリックします

  2. 「ペイント」が起動します。
    「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「開く」をクリックします。
    「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「開く」をクリックします

  3. 文字を入れたい画像をクリックし、「開く」をクリックします。
    ここでは例として、「マイピクチャ」フォルダに保存されている写真ファイルを開きます。
    文字を入れたい画像をクリックし、「開く」をクリックします

  4. 手順3で選択した画像ファイルが表示されます。
    ツールバーから「テキスト」をクリックします。
    ツールバーから「テキスト」をクリックします

  5. パレットから文字の色に指定したい色をクリックします。
    ここでは例として、「赤」をクリックします。
    パレットから文字の色に指定したい色をクリックします

  6. 文字以外の背景部分を透過させる場合は、「変形」をクリックし、表示された一覧から「背景色を不透明にする」のチェックを外します。
    文字以外の背景部分を透過させる場合は、「変形」をクリックし、表示された一覧から「背景色を不透明にする」のチェックを外します

    補足

    • 「背景色を不透明にする」のチェックを外した場合
      文字を入れる範囲の背景が透過されます。
      「背景色を不透明にする」のチェックを外した場合

    • 「背景色を不透明にする」にチェックを入れた場合
      文字を入れる範囲の背景が塗りつぶされます。
      「背景色を不透明にする」にチェックを入れた場合

  7. 文字を入れたいところをドラッグし、範囲を指定します。
    ドラッグした範囲は、点線で表示されます。
    文字を入れたいところをドラッグし、範囲を指定します

  8. 書式バーから、文字のフォントや大きさ、太字や斜体、下線などの書式を設定します。
    書式バーから、文字のフォントや大きさ、太字や斜体、下線などの書式を設定します
    ※ 書式バーが表示されない場合は、「表示」をクリックして表示された一覧から「書式バー」をクリックします。

  9. 指定した範囲(点線の内側)をクリックし、文字を入力します。
    指定した範囲(点線の内側)をクリックし、文字を入力します

  10. 「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「名前を付けて保存」をクリックします。
    「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「名前を付けて保存」をクリックします

  11. 「ファイル名」ボックスに文字を入れた画像ファイルの名前を入力し、「保存」をクリックします。
    「ファイル名」ボックスに文字を入れた画像ファイルの名前を入力し、「保存」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る