文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:003074
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition
最終更新日:2001/11/26
印刷する

◆ Windows XPで、ファイルやフォルダのプロパティに「セキュリティ」タブがありません

Windows XPで、ファイルやフォルダのプロパティに「セキュリティ」タブがありません

概要
  Windows XPはWindows 2000以前と違い、購入当初ファイルやフォルダのプロパティで「セキュリティ」タブが表示されていません。そのため詳細なNTFSのアクセス権設定ができなくなっています。
ここでは、Windows XPでファイルやフォルダのプロパティに「セキュリティ」タブを追加する方法をご案内します。

現象
  Windows XPで、NTFSでフォーマットされたドライブのファイルやフォルダのプロパティを表示した際「セキュリティ」タブがなく、詳細なアクセス権が設定できない。

原因
  Windows XPには新たに「簡易ファイルの共有」機能が追加されました。これを利用すると、簡単に他のユーザーとファイルの共有が可能になりますが、その代わり「セキュリティ」タブが表示されなくなってしまいます。

対象機種
  PC98-NXシリーズ

対処方法
  Windows XP Home Editionでは、「簡易ファイルの共有」機能を無効にすることはできません。詳細なファイルのアクセス権を設定するにはコマンドプロンプトより「cacls」コマンドを利用する必要があります。詳しくは「スタート」→「ヘルプとサポート」をクリックし、「cacls」を検索してヘルプをご覧ください。

Windows XP Professionalでは、「簡易ファイルの共有機能」を無効にすることで、従来のWindows 2000同様に、GUIからファイルのアクセス権を設定できます。
「簡易ファイルの共有」機能を無効にするには、以下の手順で操作してください。
  1. 「スタート」ボタンをクリックします。



  2. 「マイ コンピュータ」をクリックします。



  3. メニューの「ツール」→「フォルダ オプション」をクリックします。



  4. 「表示」タブをクリックします。



  5. 「詳細設定」の下矢印をクリックしてスクロールさせ、「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックボックスをクリックし、チェックを外します。



  6. 「OK」ボタンをクリックします。



  7. フォルダやファイルのプロパティを表示させ、「セキュリティ」タブが表示されることを確認します。



また、Windows XP Professionalでも、Windows XP Home Editionと同様にコマンドプロンプトより「cacls」コマンドを使うことでもファイルのアクセス権を設定することができます。

関連情報
  利用しているファイルシステムの種類を知りたい場合は、以下のサポート技術情報をご参照ください。
情報番号 003137:「Windows XPで、利用しているファイルシステムの種類を知る方法」

補足
  「セキュリティ」タブはNTFSでフォーマットされたドライブでのみ利用できます。FATやFAT32でフォーマットされたドライブでは利用できません。


◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。