文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:003417
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional
最終更新日:2012/10/12
印刷する

◆ WindowsXPの「バックアップまたは復元ウィザード」を使用してバックアップする方法

WindowsXPの「バックアップまたは復元ウィザード」を使用してバックアップする方法について教えてください。

概要
 
 ファイルやフォルダなどデータの破損や誤った更新に備えて、データのバックアップを取っておくと
 万が一の時にはバックアップを取った時のデータに戻せます。
 Windows XP Professional にはファイルやフォルダなどデータをバックアップを簡単に取る「バックアップ」
 機能があります。

 ここでは「バックアップ」機能の操作方法を案内します。


内容
 
 Windows XP Professional の「バックアップ」機能はデータ(ファイルやフォルダなど)のバックアップを
 簡単に取ることができます。この機能を利用すると万が一ファイルなどが破損した場合や誤ったデータの
 更新をした場合、データをバックアップを取った時の状態に戻すことができます。

 バックアップ機能を利用してデータのバックアップをとるには、下記の操作を行ってください。

  【操作手順】

   1.「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「バックアップ」を
    クリックします。

   


   2.「バックアップまたは復元ウィザードの開始」ウィンドウが表示されるので、「次へ」ボタンを
    クリックします。

   


   3.「ファイルと設定のバックアップを作成する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

   


   4.バックアップを取る対象を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    ここでは例として「マイ ドキュメントと設定」のバックアップを取ります。

   


   5.バックアップデータの保存場所を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。
    ここでは例として「F:\Backup\」と言う場所に、「Backup」と言う名前でデータの保存を行います。

   


   6.下記のようなメッセージが表示されると、バックアップを取る準備はできました。
    バックアップを開始するには、「完了」ボタンをクリックしてください。

   


   7.バックアップが開始すると下図のようなメッセージが表示されますので、完了するまで
    しばらくお待ちください。

   


   8.バックアップが完了すると下図のようなメッセージが表示されますので、「閉じる」ボタンを
    クリックし終了します。

   


 これで、バックアップの操作は完了です。


バックアップしたデータを復元するには、以下の情報を参照してください。

チェック


対象機種
   PC98-NXシリーズ

関連情報
 

パソコンのデータをバックアップする方法

補足
   特にありません。

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。