Windows XPで画面の解像度を変更する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005

Q&A番号:003593  更新日:2013/04/09

Windows XPで、画面の解像度を変更する方法について教えてください。

Windows XPでは、コントロール パネルの「デスクトップの表示とテーマ」から画面の解像度や色数を変更することができます。

Windows XPでは、コントロール パネルの「デスクトップの表示とテーマ」から画面の解像度や色数を変更することができます。

はじめに

画面の解像度とは、画面に表示されるテキストと画像の鮮明さ(密度)を表したものです。

解像度が高い場合、アイコンなどが小さく表示されますが、画面を広く使用することができます。また、表示が鮮明になります。
解像度が低い場合、画面上に表示される情報量は少なくなりますが、アイコンなどが大きく表示されます。
ただし、解像度が極端に低い場合は、表示が粗くなる場合があります。

※ 使用するパソコンの構成により、指定できる解像度は異なります。

操作手順

Windows XPでは、画面の解像度や色数を変更できます。

画面の解像度や色数を変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロール パネル」の順にクリックします。

  2. 「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします。

  3. 「画面解像度を変更する」をクリックします。

  4. 「設定」タブをクリックし、「画面の解像度」と「画面の色」を確認して必要があれば変更します。

    • 「画面の解像度」
      つまみを左右に動かして変更します。

    • 「画面の色」
      ▼をクリックし、任意の項目をクリックします。

  5. 「OK」をクリックします。

  6. 「閉じる」をクリックします。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る