Windows XPで画面の解像度を変更する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005

Q&A番号:003593  更新日:2014/08/27

Windows XPで、画面の解像度を変更する方法について教えてください。

Windows XPでは、コントロールパネルの「デスクトップの表示とテーマ」から画面の解像度や色数を変更することができます。

Windows XPでは、コントロールパネルの「デスクトップの表示とテーマ」から画面の解像度や色数を変更することができます。

はじめに

画面の解像度とは、画面に表示されるテキストと画像の鮮明さ(密度)を表したものです。

解像度が高い場合、アイコンなどが小さく表示されますが、画面を広く使用することができます。また、表示が鮮明になります。
解像度が低い場合、画面上に表示される情報量は少なくなりますが、アイコンなどが大きく表示されます。
ただし、解像度が極端に低い場合は、表示が粗くなる場合があります。

※ 使用するパソコンの構成により、指定できる解像度は異なります。

操作手順

Windows XPでは、画面の解像度や色数を変更できます。

Windows XPで画面の解像度を変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします。
    「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします

  3. 「画面解像度を変更する」をクリックします。
    「画面解像度を変更する」をクリックします

  4. 「画面のプロパティ」が表示されます。
    「設定」タブをクリックし、「画面の解像度」と「画面の色」を確認して必要があれば変更します。

    • 「画面の解像度」
      つまみを左に動かすと、解像度が低くなります(アイコンが大きくなり、表示が粗くなります)。
      つまみを右に動かすと、解像度が高くなります(アイコンが小さくなり、表示が鮮明になります)。

    • 「画面の色」
      「画面の色」ボックスから、任意の項目をクリックします。

    「設定」タブをクリックし、「画面の解像度」と「画面の色」を確認して必要があれば変更します

  5. 「OK」をクリックします。
    「OK」をクリックします

  6. 「閉じる」をクリックします。
    「閉じる」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る