Windows XPでファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法

Windows XPでファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法

Q&A番号:003652  更新日:2017/07/27
対象機種 PC98-NX PC98-NX
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:003652  更新日:2017/07/27

Windows XPで、ファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法について教えてください。

「ファイルと設定の転送ウィザード」を使用すると、コンピュータのファイルや設定をほかのコンピュータに転送することができます。

「ファイルと設定の転送ウィザード」を使用すると、コンピュータのファイルや設定をほかのコンピュータに転送することができます。

はじめに

「ファイルと設定の転送ウィザード」を使用すると、コンピュータのファイルや設定をほかのコンピュータに転送することができます。
デスクトップおよび表示の設定、ダイヤルアップ接続のほかに、Internet ExplorerまたはOutlook Expressの設定も転送できます。

操作手順

Windows XPでファイルと設定の転送ウィザードを使用するには、以下の操作手順を行ってください。

1. オペレーティングシステムがWindows XP同士の場合

1-1. コピー元のコンピュータからファイルと設定を取得する

コピー元のコンピュータからファイルと設定を取得するには、以下の手順を実行します。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」をクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、「次へ」 をクリックします。

  3. 「転送元の古いコンピュータ」をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  4. 転送方法をクリックし、「次へ」 をクリックします。
    ここでは、例として「直接ケーブル (コンピュータのシリアル ポートに接続するケーブル)」を選択します。

  5. 転送する項目をクリックし、「次へ」をクリックします。
    ここでは例として「設定のみ」を選択します。

  6. ファイルと設定の収集が開始されます。

  7. 「完了」をクリックします。

1-2. コピー先のコンピュータに設定を移行する

コピー先のコンピュータに設定を移行するには、以下の手順を実行します。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」をクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、「次へ」 をクリックします。

  3. 「転送先の新しいコンピュータ」をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  4. 「ウィザード ディスクは必要ありません。既に、古いコンピュータからファイルと設定を収集しました」をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  5. 保存方法に従って収集した項目をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  6. ファイルと設定の収集が開始されます。

  7. 「完了」をクリックします。

  8. 「変更を有効にするにはログオフする必要があります。今、ログオフしますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

2. オペレーティング システムが異なる Windows の場合

コピー元が Windows XP 以外のオペレーティング システム (Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows Millennium Edition または Windows 2000) の場合、 Windows XP でウィザード ディスクを作成し、コピー元のオペレーティング システムから設定を収集して取り込みます。

2-1. ウィザード ディスクを作成する

Windows XP でウィザード ディスクを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システム ツール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」をクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、「次へ」 をクリックします。

  3. 「転送先の新しいコンピュータ」をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  4. 「ウィザード ディスクを次のドライブに作成します」をクリックし、「次へ」 をクリックします。

  5. 「選択したドライブにフォーマット済みの空のディスクを挿入してください。」というメッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。

  6. ディスクが作成されます。

  7. 「古いコンピュータに行ってください。」というメッセージが表示されたら、ディスクの作成は完了です。

2-2. 作成したウィザード ディスクを使用し、コピー元のコンピュータからデータを収集する

作成したウィザード ディスクを使用し、コピー元のコンピュータからデータを収集するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成したウィザード ディスクを、コピー元のコンピュータのフロッピー ディスク ドライブに挿入します。

  2. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

  3. 「名前」ボックスに「a:\fastwiz」と入力し、「OK」をクリックします。

  4. 「ファイルと設定の転送ウィザードを開始しています。」ダイアログ ボックスが表示され、ファイルのコピーが開始されます。

  5. 画面の指示に従って、ファイルと設定の収集を行います。進めるには「次へ」をクリックします。

2-3. 収集したデータをコピー先のコンピュータに移行する

収集したデータをコピー先のコンピュータに移行するには、以下の手順を実行します。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システム ツール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」をクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、「次へ」をクリックします。

  3. 「転送先の新しいコンピュータ」をクリックし、「次へ」をクリックします。

  4. 「既にウィザード ディスクがあります」をクリックし、「次へ」をクリックします。

  5. 「次へ」をクリックします。

  6. 収集した項目をクリックし、「次へ」をクリックします。

  7. ファイルと設定の転送が開始されます。

  8. 「完了」をクリックします。

  9. 「変更を有効にするにはログオフする必要があります。今、ログオフしますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

↑ページトップへ戻る