Windows XPでメモリの使用状況を確認する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:003929  更新日:2014/10/15

Windows XPで、メモリの使用状況を確認する方法について教えてください。

メモリが不足していると、パソコンの動作が遅くなる場合があります。必要に応じて、現在のメモリ使用状況を確認してください。

メモリが不足していると、パソコンの動作が遅くなる場合があります。必要に応じて、現在のメモリ使用状況を確認してください。

はじめに

パソコンの動作が遅くなった場合、現在使用しているメモリが不足している可能性があります。
タスクマネージャを利用し、状況に応じて、メモリ不足の有無などを確認してください。

操作手順

Windows XPでメモリの使用状況を確認するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックし、表示された一覧から「タスクマネージャ」をクリックします。
    タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックし、表示された一覧から「タスクマネージャ」をクリックします

  2. 「Windowsタスクマネージャ」が表示されます。
    「パフォーマンス」タブをクリックし、現在のメモリ使用状況を確認します。
    「パフォーマンス」タブをクリックし、現在のメモリ使用状況を確認します

    補足

    メモリ不足の有無を確認するには、「物理メモリ」欄の「合計」値と、「コミットチャージ」欄の「合計」値を参照します。

    • 「物理メモリ」欄の「合計」
      ご利用のパソコンに搭載されているメモリ容量(KB単位)。

    • 「コミットチャージ」欄の「合計」
      現在のメモリ使用量(KB単位)。
      この値が「物理メモリ」欄の「合計」値を超えるかまたはそれに近いと、メモリは不足気味と言えます。

    上図の例では、両者の合計値が近いため、メモリは不足気味と言えます。
    また、「コミットチャージ」欄の「最大値」は、瞬間的な最大メモリ使用量を表しており、この数値が「物理メモリ」欄の「合計」値を超えていることからも、メモリの不足が考えられます。

    ※ メモリ不足によってパソコンの動作が遅くなった場合は、メモリを増設してメモリ容量を増やすことで、パフォーマンスが向上(パソコンの動作が速くなる)します。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る