Windows XPでドライバを削除する方法

Windows XPでドライバを削除する方法

Q&A番号:004400  更新日:2014/05/08
対象機種 PC98-NX PC98-NX
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:004400  更新日:2014/05/08

Windows XPで、ドライバを削除する方法について教えてください。

Windows XPで、ドライバを削除する方法について案内します。

Windows XPで、ドライバを削除する方法について案内します。

はじめに

Windows XPでは、デバイスドライバを削除できます。

プリンタやスキャナなどの周辺機器が正しく動作しなくなった原因としては、ドライバの破損などが考えられます。
この場合、いったんデバイスマネージャからドライバを削除し、新たにドライバをインストールすることで、問題が改善する場合があります。

  • デバイスマネージャでは、ハードウェアの状態の確認、ハードウェアとプログラムの連係方法などを設定できます。
  • ドライバの再インストール方法は、周辺機器のマニュアルを参照してください。

操作手順

Windows XPでドライバを削除するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、Windows XPで手順を案内します。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックして、「システム」をダブルクリックします。
    「ハードウェア」タブをクリックして、「デバイスマネージャ」をクリックします。

    補足

    Windows 2000/Me/98を使用している場合は、以下の手順で「デバイスマネージャ」を表示します。

    • Windows 2000の場合
      「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックして、「システム」をダブルクリックします。
      「ハードウェア」タブをクリックして、「デバイスマネージャ」をクリックします。

    • Windows Me/98の場合
      「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」の順にクリックして、「システム」をダブルクリックし、「デバイスマネージャ」タブをクリックします。

  2. 「デバイスマネージャ」が表示されます。
    「デバイスマネージャ」では、パソコンに搭載または接続された機器(デバイス)が種類ごとに一覧表示されています。
    「デバイスマネージャ」が表示されます

    補足

    デバイスドライバに問題があると、デバイスの横に「!」が表示されます。
    デバイスドライバに問題があると、デバイスの横に「!」が表示されます

  3. 削除したいデバイスドライバの種類を探して、左側の「+」をクリックします。
    ここでは例として、「ディスプレイアダプタ」の左側の「+」をクリックします。
    削除したいデバイスドライバの種類を探して、左側の「+」をクリックします

  4. ドライバが表示されるので、ドライバを右クリックして「削除」をクリックします。
    ドライバが表示されるので、ドライバを右クリックして「削除」をクリックします

  5. 「デバイスを削除しようとしています。」のようなメッセージが表示された場合は、「OK」をクリックします。

以上で操作完了です。

パソコンを再起動すると、削除したドライバが自動で再インストールされる場合もありますが、マニュアルなどを参照し正しくインストールしてください。

↑ページトップへ戻る