文字サイズを変更する
情報番号:004532
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 2000 Professional
最終更新日:2017/10/06
印刷する

◆ Windows Updateでセキュリティの設定変更を促す英文メッセージが表示される場合の対処方法

Q Windows Updateで、セキュリティの設定変更を促す英文メッセージが表示される場合の対処方法について教えてください。

A
対処方法
  Windows Update を実行すると、下図のようなセキュリティの設定変更を促す英文メッセージが表示されて実行できない場合があります。

《Windows Update がVer. 4の場合》


《Windows Update がVer. 5の場合》




  • 対象機種の確認はここをクリックしてください。


対処方法は、次の項目を確認してください。
なお、3は設定内容と動作について知識があるお客様向けです。
通常は、1または2の設定をお勧めします。

  1. Windows Update のURLを「信頼済みサイト」に登録する方法

  2. Internet Explorer の「セキュリティ」設定を初期状態にする方法

  3. Internet Explorer の「セキュリティ」設定の一部を変更する方法


1. Windows Update のURLを「信頼済みサイト」に登録する方法
Windows Update のURLを「信頼済みサイト」に登録することで、今回の現象を改善できます。
ほかのホームページを閲覧する場合は、従来通りのセキュリティが適用されます。

Windows Update のURLを「信頼済みサイト」に登録するには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. メニューバーから、「ツール」→「インターネット オプション」の順にクリックします。



  3. 「セキュリティ」タブをクリックします。



  4. 「信頼済みサイト」を選択(クリック)し、「サイト」ボタンをクリックします。



  5. 「次の Web サイトをゾーンに追加する」欄に次のURLを入力し、「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外して「追加」ボタンをクリックします。

    http://*.windowsupdate.microsoft.com


  6. 「Web サイト」欄に http://*.windowsupdate.microsoft.com が登録されたことを確認し、「OK」ボタンをクリックします。



  7. 「OK」ボタンをクリックします。



  8. Internet Explorer を終了し、Windows Update を実行すると正常にWindows Update 画面が表示されます。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

2. Internet Explorer の「セキュリティ」設定を初期状態にする方法
Internet Explorer の「セキュリティ」設定を初期状態にすることで、今回の現象を改善できます。
この方法を実行すると、ほかのホームページを閲覧する場合にも初期状態のセキュリティが適用されます。

Internet Explorer の「セキュリティ」設定を初期状態にするには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. メニューバーから、「ツール」→「インターネット オプション」の順にクリックします。



  3. 「セキュリティ」タブをクリックします。



  4. 「インターネット」を選択(クリック)し、「既定のレベル」ボタンをクリックします。



  5. セキュリティ レベル が「中」になるので、「適用」ボタン→「OK」ボタンの順にクリックします。



  6. Internet Explorer を終了し、Windows Update を実行すると正常にWindows Update 画面が表示されます。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

3. Internet Explorer の「セキュリティ」設定の一部を変更する方法
Internet Explorer の「セキュリティ」設定で次項目が無効に設定されていると、英文メッセージが表示され Windows Update は実行できません。

この場合、Internet Explorer の「セキュリティ」設定の一部を変更することで、改善できます。

Internet Explorer の「セキュリティ」設定の一部を変更するには、以下の操作手順を行ってください。



  • ここで変更した設定は、Windows Update が完了したら必ず元に戻すようにしてください。
    設定を元に戻さずにいると、次のようなトラブルに遭遇する場合があります。

    • 悪質なActiveXコントロールがダウンロードされ、そのプログラムによりインターネットの接続先が国際電話などに接続される場合があります。

    • Internet Explorer でホームページが自動的に次々と開くなどスクリプトを使った迷惑なサイトで困る場合があります。


【操作手順】

  1. Internet Explorerを起動します。

  2. メニューバーから、「ツール」→「インターネット オプション」の順にクリックします。



  3. 「セキュリティ」タブをクリックします。



  4. 「インターネット」を選択(クリック)し、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。



  5. 「ActiveXコントロールとプラグインの実行」欄の「有効にする」を選択(クリック)します。



  6. 「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行」欄、「署名済みActiveXコントロールのダウンロード」欄の「有効にする」を選択(クリック)します。



  7. 「アクティブスクリプト」欄の「有効にする」を選択(クリック)し、「OK」ボタンをクリックします。



  8. 「はい」ボタンをクリックします。



  9. 「OK」ボタンをクリックします。



  10. Internet Explorer を終了し、Windows Update を実行すると正常にWindows Update 画面が表示されます。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  PC98-NXシリーズ


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
 
Internet Explorerでホームページが自動的に次々と開くのを止める方法

補足
  Windows XP の場合は、英文メッセージではなく以下のメッセージが表示される場合があります。



◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。