パソコン起動時又は使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合の対処方法

パソコン起動時又は使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合の対処方法

Q&A番号:005092  更新日:2017/05/25
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:005092  更新日:2017/05/25

パソコン起動時又は使用中に、突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合の対処方法について教えてください。

パソコン起動時又は使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合の対処方法について案内します。

パソコン起動時又は使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合の対処方法について案内します。

はじめに

Windows 2000やWindows XPで、起動時あるいはパソコン使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックの画面(以下、STOPエラー)が出てしまい、操作ができなくなってしまうことがあります。

※ STOPエラーが発生すると下図のようなエラーメッセージが表示されます。
(エラーによりメッセージや、数字部分が変わります)

STOPエラーには様々な原因が考えられ、また対処方法も状況により変わってきます。

対処方法

パソコン起動時又は使用中に突然「STOP : 0x000・・・」と書かれたブルーバックのメッセージが表示された場合は、以下の対処方法を行ってください。

以下の項目を実行後パソコンが正常起動できる場合、まずフロッピーディスクやCD-R/RW等外部メディアへのバックアップを取っておくことをおすすめします。

1. Windowsが正常起動ができるか確認する

キーボードの「Ctrl」キー、「Alt」キー、「Delete」キーを同時に押して再起動できるか、その後Windows が正常起動ができるかどうか確認してください。

2. パソコンの放電処置を試してみる

パソコン本体に不必要な電気が帯電していると、正常に起動しない場合があります。
この場合、放電(帯電している電気を放出する)必要があります。

パソコンの放電処置を行う方法は、以下の情報を参照してください。
Q&Aパソコンで放電処置を行う方法

3. ウイルスに感染していないか確認する

ウイルスが原因でもSTOPエラーが発生する場合があるので、Windowsが起動できたら「ウイルス」に感染していないか確認してください。

また、スキャンディスクを行うこともお勧めします。

※ ウイルスチェック、スキャンディスクについては、以下の情報を参照してください。
Q&Aコンピュータ・ウイルスの予防/対策について(McAfee VirusScan)
Q&ANorton AntiVirusで手動によるファイルやドライブのウィルスチェックを行う方法
Q&AWindows Me/98SE/98/95のスキャンディスクの機能と操作方法

4. アプリケーションを削除してみる

STOPエラーが発生する直前に追加した アプリケーションがあれば、それをアンインストールしてみます。
※ Windows が正常起動できない場合は SAFE モード で起動してみてください。そして、SAFE モード上でアプリケーションをアンインストールしてください。

※ SAFE モードの起動方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 2000 ProfessionalをSafeモードで起動する方法
Q&AWindows XPをセーフモードで起動する方法

※ アプリケーションをアンインストールして起動できた場合は、そのアプリケーションが原因と考えられます。アプリケーションの再インストールを行ってください。

5. 「前回正常起動時の構成」で再起動してみる

拡張オプションの「前回正常起動時の構成」で起動できるかどうか確認します。

前回正常起動時の構成での起動方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 2000/XPを前回正常起動時の構成でパソコンを起動する方法

6. デバイスや増設機器を外してみる

STOPエラーが発生する直前に追加した デバイスがあれば、パソコン本体の電源ボタンを長押して電源を落としてから、直前に追加したデバイスを外して再起動します。

それでも起動できない、あるいは直前に追加したデバイスがない場合、増設しているデバイスを全て外します。

メモリは、増設したものは外し、交換している場合はパソコン購入時に設置されていたメモリに戻します。

パソコン購入時の構成だけでWindowsが起動できるかどうか試します。

※ 増設機器をすべてとりはずして起動できた場合、それまで増設していたデバイスが原因の可能性があります。

7. 再セットアップを行う

以上の操作や作業を行っても改善しない場合、OSまたはパソコンに不具合が発生している可能性があります。

OSの修復には、最終的に再セットアップを行う必要があります。
これは、本体の故障が原因かWindowsやドライバが原因なのか調べる手段でもあります。

再セットアップの手順については、以下の情報を参照してください。
Q&A再セットアップの概要(Windows XP)

再セットアップは、パソコンを購入時の状態に戻す操作です。保存したデータもすべて失われるので、データのバックアップが取れる状況ならば、忘れずにバックアップを取るようにしてください。
Windowsが起動しない場合は、データのバックアップはできません。

補足

Microsoft社のホームページから オンラインサポートで STOPエラーの詳細について調べることができます。

「マイクロソフトサポートオンライン」で、「キーワード」にパソコンに表示されたエラーコードを入力して検索できます。
外部サイトMicrosoft社 - マイクロソフトサポート

↑ページトップへ戻る