文字サイズを変更する
情報番号:005635
対象シリーズ:VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、PC-9821
対象OS:Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95、Windows 3.1
最終更新日:2012/07/13
印刷する

◆ Windows上でバックアップができない場合の対処方法

Q Windows上で、バックアップができない場合の対処方法について教えてください。

A
対処方法
  Windowsでは、Windowsファイルが破損したなどが原因でWindows(セーフモードも含む)が起動できない場合があります。
この場合、データバックアップはコマンド プロンプト(Command Prompt)からファイルのバックアップを行います。



  • 対象機種の確認はここをクリックしてください。


この方法でバックアップできる主なデータは以下のとおりです。

  • メールデータ

  • アドレス帳

  • IEのお気に入り

  • 「My Documents」に保存されているファイル   など


コマンド プロンプトを使ってバックアップするには、以下の操作手順を行ってください。

【操作手順】

  1. 電源投入時にNECロゴが表示される場合は、F8キーでWindows起動メニューを立ち上げて「Command Prompt」を選択します。

    起動メニューが立ち上がらない場合は、起動ディスク再セットアップ画面を立ち上げてF3キーで再セットアップをキャンセルします。

    機種によっては起動方法が異なる場合があるので、添付マニュアルなどを参照してください。

  2. MS-DOSの画面の中で C:\Windows> の表示部分に下記のように半角文字でコマンドを入力します。

    • C:\Windows>XCOPY {コピー元のファイル名} {[コピー先のドライブ名][コピー先のファイル名]}/S


    「XCOPY/S」コマンドはフォルダごとコピーできるコマンドです。
    ファイル単位でコピーする場合は、「COPY」コマンドを使います。

    {コピー先のファイル名}はWindowsが入っていない別のドライブか、他のメディアドライブに変更します。
    「C:\」はOSの環境により表示が「a:\」や「a:\」の場合があります。

    ここでは例として、「My Documents」をDドライブに保存する場合は下記のとおりです。

    • C:\Windows>XCOPY c:\mydocu〜1 d:/s


    ファイル名に指定できるのは8文字までとなりますので、それ以上の場合は〜1を含めて8文字にします。

    同様に  の部分にそれぞれのファイル名を入力し、1回ずつ作業を行います。

  3. それぞれのコピーが別のドライブにできたら、再セットアップで「カスタムセットアップ」の「Cドライブのみの再セットアップ」または「データ保護再セットアップ」を行います。

以上で操作完了です。

対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、その他PC98-NXシリーズ、PC-9800シリーズ


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
 
WindowsXP Professional でデータのバックアップを取る方法

Windows XP Home Editionでバックアップを使用する方法

バックアップ-NXでファイルやフォルダなどデータのバックアップを取る方法(WindowsXPプリインストールモデル)

補足
  MS-DOS 3.3は、128MB以上のパーティションは読めません。
全てのMS-DOSとWindows 95 OSR1では、FAT32のパーティションは読めません。

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。