Windows XPで外字ファイルをバックアップ及び復元する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:005700  更新日:2012/10/31

Windows XPで外字ファイルをバックアップ及び復元する方法について教えてください。

Windows XPで外字ファイルをバックアップ及び復元する方法について案内します。

Windows XPで外字ファイルをバックアップ及び復元する方法について案内します。

はじめに

  • 外字エディタで作成した外字は初期設定では「eudc.euf」と「eudc.tte」の2つのファイルに保存されます。

  • Windows XPで使用する場合、「eudc.euf」と「eudc.tte」をwindows\fontsフォルダにコピーをすれば使用できます。

  • 外字ファイル保存用にフロッピーディスクを1枚使用します。
    フロッピーディスク以外のメディア(USBメモリなど)を利用される場合は、適時置き換えてください。

  • この操作は外字ファイルを上書きコピーする操作になります。
    既に各OSで外字ファイルを作成している場合、この操作を行うと既存の外字ファイルの内容は書き換えられてしまいます。

  • 作成した外字を他のマシンで使用することは動作保証外となっております。
    同一マシン内でのみご使用ください。

操作手順

1. 外字ファイルのバックアップ(保存)方法

外字ファイルをバックアップ(保存)するには、次の設定を行ってください。

  1. 外字ファイル保存用のフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに挿入します。
    フロッピーディスク以外のメディア(USBメモリなど)を利用される場合は、適切な挿入口(USBなど)に接続してください。

  2. 「スタート」→「検索」をクリックします。

  3. 「ファイルやフォルダ」をクリックします。

  4. 次のように指定し、「検索」ボタンをクリックします。

    • 「ファイルまたはフォルダの名前」欄には、半角で「EUDC.*」と入力
    • 「探す場所」欄には、「Windows XP(C:)」を指定

  5. 検出された「eudc.euf」と「eudc.tte」の各外字ファイルを右クリックして、「送る」→「3.5インチFD」の順にクリックします。
    フロッピーディスク以外のメディア(USBメモリなど)を利用される場合は、エクスプローラよりコピーしてください。

以上で操作完了です。

2. 外字ファイルの復元方法

外字ファイルを復元するには、次の設定を行ってください。

  1. 外字ファイル保存済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに挿入します。
    フロッピーディスク以外のメディア(USBメモリなど)を利用された場合は、適切な挿入口(USBなど)に接続してください。

  2. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」をクリックし、「コマンドプロンプト」を起動します。

  3. 「コマンドプロンプト」上で下記のように半角で入力して、「Enter」キーを押します。

    copy  [記憶したメディアのドライブ名]:\eudc.*  [Windows がインストールされているドライブ名]:\windows\fonts
    入力例: copy  a:\eudc.*  c:\windows\fonts

  4. 「EUDC.EUFを上書きしますか?」とのメッセージが表示された場合は半角で y と入力して、「Enter」キーを押します。

  5. 「EUDC.TTEを上書きしますか?」とのメッセージが表示された場合は半角で y と入力して、「Enter」キーを押します。

  6. exit と入力し、「Enter」キーを押して、「コマンドプロンプト」を終了します。

  7. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「外字エディタ」をクリックします。

  8. 「前のバージョンのフォントを取り込みます」というメッセージが表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る