文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:006524
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition
最終更新日:2003/09/03
印刷する

◆ Windows XP Home Edition で、他のユーザーによる特定のフォルダへのアクセスを拒否する方法

Windows XP Home Edition で、他のユーザーによる特定のフォルダへのアクセスを拒否する方法

概要
 
ここでは、Windows XP Home Edition において、他のユーザーが特定のフォルダへアクセスすることを拒否する方法を説明します。
 

対象機種
 
PC98-NXシリーズ
 

内容
 


家族でパソコンを使用する場合、共有ドキュメントフォルダなどにファイルを保存しておくことで、家族全員でファイルを共有することができます。
ですが、家計簿ファイルなど、両親が見る必要があって、子供たちは見る必要がないといったように、ユーザーごとにフォルダやファイルへのアクセスを許可/拒否したい場合があります。

以下では、他のユーザーが特定のフォルダへアクセスすることを拒否、および、拒否を解除する方法を説明しています。

ユーザーに対してフォルダへのアクセスを拒否する
  1. 特定のユーザーからのアクセスを拒否したいフォルダを表示します。ここでは、「家計簿」フォルダに対して「nec1」ユーザーからのアクセスの拒否をおこなう場合を例にとり、設定方法を説明します。


     
  2. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」をクリックします。「コマンドプロンプト」が起動します。
     
  3. 「cacls」と入力し、スペースキーを押します。


     
  4. 次に、アクセス制限したいフォルダを「コマンドプロンプト」ウィンドウへ「ドラッグアンドドロップ」(該当アイコン上でマウスの左ボタンをクリックしたまま、目的の場所までマウスを移動させ、ボタンから指をはなす)します。


     
  5. フォルダ名が自動的に入力されます。スペースキーを押し、「/e /d nec1」と入力します。



    すべて入力後、「Enter」キーを押します。

    以上で設定は完了です。コマンドプロンプトを終了して、アクセス制限されたユーザーでログオンし、アクセス制限したフォルダにアクセスできないことを確認してください。


     

内容の先頭へ戻る

ユーザーに対してフォルダへのアクセス拒否を解除する
  1. 特定のユーザーからのアクセス拒否を解除したいフォルダを表示します。ここでは、「家計簿」フォルダに対して「nec1」ユーザーからのアクセス拒否の解除をおこなう場合を例にとり、設定方法を説明します。
     
  2. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」をクリックします。
     
  3. 「cacls」と入力し、スペースキーを押します。
     
  4. 次に、アクセス制限したいフォルダを「コマンドプロンプト」ウィンドウへ「ドラッグアンドドロップ」(マウスの左ボタンをクリックしたまま、目的の場所までマウスを移動させ、ボタンから指をはなす)します。
     
  5. フォルダ名が自動的に入力されます。続いて、「/e /r nec1」と入力します。



    すべて入力後、「Enter」キーを押します。

    以上で設定は完了です。コマンドプロンプトを終了して、アクセス拒否を解除されたユーザーでログオンし、フォルダに対しアクセスできることを確認してください。
     

内容の先頭へ戻る
 


関連情報
 
特にありません。
 

補足
 
コマンドプロンプトで「cacls (アクセスを拒否したいフォルダ名) /e /d guest」と入力することで、ネットワーク上の他のユーザー(Guest権限でアクセスしてくるユーザー)のフォルダへのアクセスを遮断することもできます。
 


◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。