Windows Updateを行うとすでにインストール済みの項目が何度も表示される場合の対処方法

Windows Updateを行うとすでにインストール済みの項目が何度も表示される場合の対処方法

Q&A番号:006639  更新日:2017/06/29
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business

Q&A番号:006639  更新日:2017/06/29

Windows Updateを行うと、すでにインストール済みの項目が何度も表示される場合の対処方法について教えてください。

Windows Updateですでにインストール済みの項目が何度も表示される場合は、Windows Updateの更新履歴を確認し、プログラムの適用状況に応じて対処方法を実施してください。

Windows Updateですでにインストール済みの項目が何度も表示される場合は、Windows Updateの更新履歴を確認し、プログラムの適用状況に応じて対処方法を実施してください。

はじめに

Windows Updateを実行しようとすると、すでにインストール済みの更新プログラムが何回も一覧に表示されることがあります。

本現象が発生する原因として、次のようなことが考えられます。

  • 以前、更新プログラムをインストールした際に、正しくインストールされていない
  • Windows Updateの動作に問題があり、更新プログラムが正常に検出されない

対処方法

すでにインストールしたはずの更新プログラムが毎回表示されてしまう場合は、Windows Updateの更新履歴から、該当する更新プログラムのインストールの状態(成功/失敗)を確認し、それぞれの状態に応じた対処を行ってください。
具体的な対処方法の詳細については、以下の情報を参照してください。
外部サイトMicrosoft社 - MicrosoftとWindowsのアップデートエラー(同じ更新プログラムを繰り返し提示)

※ Windows Updeteでインストールしたプログラムの更新履歴を確認する方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows Updateを使ってインストールしたプログラムを確認する方法

↑ページトップへ戻る