文字サイズを変更する
情報番号:006987
対象シリーズ:VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Tablet PC Edition、Windows XP Media Center Edition 2004
最終更新日:2017/03/17
印刷する

◆ Windows XP Service Pack 2(SP2)を適用後、Outlook Expressでメールを見るとメール内の画像が表示されない場合の対処方法

Q Windows XP Service Pack 2(SP2)を適用後、Outlook Expressでメールを見るとメール内の画像が表示されない場合の対処方法について教えてください。

A
対処方法
  Windows XP Service Pack 2(SP2)を適用後、Outlook ExpressHTMLメールを見た際、メール内の画像部分が表示されず、下図赤枠内のようなメッセージが表示されることがあります。

《メール内の画像が表示されない場合に表示されるメッセージ》
このコンピュータが送信者に識別されることを予防するため、画像がブロックされています。画像をダウンロードするにはここをクリックしてください。



これは、Outlook Expressの新機能が働いている状態です。
Outlook Expressが、パソコンに問題を起こす場合があるHTMLメール内の画像が表示されないようにしているために発生します。



  • HTMLメール内の画像を表示させることによる問題については、【補足】を参照してください。

  • 対象機種の確認はここをクリックしてください。


HTMLメール内の画像を表示するには、次の項目を確認してください。

  1. 現在見ているメールの画像だけを表示する

  2. すべてのHTMLメール内の画像を表示させるようにする

1. 現在見ているメールの画像だけを表示する
現在見ているメールの画像のみ表示するには、以下の操作手順を行ってください。



  • 画像を表示させても問題ないと思われるメールに対してのみ、以下の操作手順を行ってください。
    件名、発信元が不明なメールに対して以下の操作手順を行うと、多くの迷惑メールを受信するなど、何らかの問題が発生する場合があります。

【操作手順】

  1. 表示されるメッセージ(下図赤枠内)をクリックします。



  2. 表示されていなかった画像が表示されるようになります。



以上で操作完了です。


「対処方法」の先頭に戻る

2. すべてのHTMLメール内の画像を表示させるようにする
受信する全メールの画像を表示するには、以下の操作手順を行ってください。



  • 以下の操作手順を行うと、迷惑メールをより多く受信する危険性が高まります。
    設定を行う際は、十分注意してください。



【操作手順】

  1. Outlook Expressを起動し、メニューバーから「ツール」→「オプション」の順にクリックします。



  2. セキュリティタブをクリックし、次項目のチェックを外して「OK」ボタンをクリックします。

    • HTML電子メールにある画像および外部コンテンツをブロックする




以上で操作完了です。

いずれのHTMLメールにおいても、画像が表示されることを確認してください。
また、新たに受信したメールにおいても、画像が問題なく表示されることを確認してください。


「対処方法」の先頭に戻る

対象機種
  Windows XP Service Pack 2(SP2)を適用しているVALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro


「対処方法」の先頭に戻る

関連情報
 
Windows XP Service Pack 2(SP2)について

補足
  【HTMLメール内の画像を表示させることによる問題について】
メールマガジンなどで配信されてくるHTMLメールでは、そのHTMLメールを開くと表示に必要な画像を配信元のコンピュータに取りに行く構造になっています。
画像を配信元のコンピュータに取りに行くことにより、配信元にHTMLメールが開封されたことを確認されてしまいます。

この仕組みは、主に「迷惑メール」で使用されています。
大量に配信した迷惑メールから、どのアドレスに送信したメールが開封されたか迷惑メール配信元が確認できるため、不用意に迷惑メールを開いただけで、次回から更に多くの迷惑メールを受信してしまう場合があります。

上記案内のOutlook Express 画像ブロック機能を利用することで、開いただけで迷惑メール配信元に情報が伝わることを防止でき、迷惑メールの受信数抑制にもつながります。

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。