Outlook Expressが起動しない状態からメールデータをバックアップする方法

Outlook Expressが起動しない状態からメールデータをバックアップする方法

Q&A番号:007428  更新日:2015/04/22
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows NT Workstation 4.0
Windows NT Server 4.0

Q&A番号:007428  更新日:2015/04/22

Outlook Expressが起動しない状態からメールデータをバックアップする方法について教えてください。

Outlook Expressが起動しない場合は、手動でメールデータをバックアップしておくことで、Outlook Expressが正常に動作するようにした後、データを復旧することができます。

Outlook Expressが起動しない場合は、手動でメールデータをバックアップしておくことで、Outlook Expressが正常に動作するようにした後、データを復旧することができます。

はじめに

Outlook Expressでは、保存されているデータを書き出すエクスポート機能を利用して、メールデータをバックアップできます。
ただし、Outlook Expressが何らかの理由で起動しなくなった場合や、起動しても正常に動作しない場合は、Outlook Expressで用意されているバックアップ方法ではなく、手動でメールデータをバックアップする必要があります。

再セットアップなどを行ってOutlook Expressが正常に動作するようになったら、バックアップしたメールデータを復元することで、Outlook Expressを元の状態に戻すことができます。
パソコンに不測の事態が起こった場合に備えて、定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

操作手順

Outlook Expressが起動しない状態からメールデータをバックアップするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

  2. 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。
    「名前」欄に以下の文字列を入力し、「OK」をクリックします。
    ※ 文字列内の「(ユーザー名)」には、ご利用のパソコンでログインしているユーザー名を入力してください。

    • Windows XP/2000の場合
      C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\ Application Data\Identities

    • Windows Meの場合
      C:\Windows\Application Data\Identities

    • Windows 98でOutlook Express 6の場合
      C:\Windows\Application Data\Identities

    • Windows 98でOutlook Express 4(PCが初期状態)の場合
      C:\Windows\Application Data\Microsoft\Outlook Express\Mail

    ここでは例として、Windows XPでユーザー名が「nec」の場合の文字列を入力します。

  3. Outlook Expressのメールデータを保存しているフォルダが表示されます。
    表示されたフォルダをコピーし、任意の場所に貼り付け/移動することで、バックアップが完了します。

    補足

    • Outlook Expressに複数のユーザーを登録している場合、上図のように、メールデータを保存しているフォルダが複数表示されます。その場合、それらをすべてバックアップしてください。

    • メールデータフォルダには、数字とアルファベットで構成された名前が自動的に付けられています。

以上で操作完了です。

Outlook Expressが正常に起動できる状態になった場合は、以下の情報を参照し、復元を行ってください。
Q&AOutlook Expressでメールデータを復元する方法

↑ページトップへ戻る

対象製品

Outlook Expressがインストールされている機種

↑ページトップへ戻る