Windows XPのLaVieでUSBマウス接続時にNXパッドを機能停止にする方法

Windows XPのLaVieでUSBマウス接続時にNXパッドを機能停止にする方法

Q&A番号:007628  更新日:2014/04/16
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表) LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:007628  更新日:2014/04/16

Windows XPのLaVieで、USBマウス接続時にNXパッドを機能停止にする方法について教えてください。

USBマウス接続時にNXパッドを無効に設定すると、キーボード操作時にマウスポインタが誤動作したり、誤ってクリックしたりすることを防げます。

USBマウス接続時にNXパッドを無効に設定すると、キーボード操作時にマウスポインタが誤動作したり、誤ってクリックしたりすることを防げます。

はじめに

NXパッドとは、ノートパソコン「LaVie」本体に付いているタッチパッドの名称です。NXパッドを使えば、パソコンにマウスを接続しなくてもマウスと同様の操作を行うことができます。

ノートパソコンでUSBマウス接続時に、NXパッドの機能を有効にしたままキーボードを操作すると、誤ってタッチパッドに触れてクリックやダブルクリックしたり、マウスポインタやカーソルが勝手に飛んでしまったりする場合があります。
このようなときは、NXパッドの機能を無効にすることで、マウスポインタやカーソルなどの誤動作を防ぐことができます。

操作手順

Windows XPのLaVieでUSBマウス接続時にNXパッドを機能停止にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします。
    「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします

  3. 「マウス」をクリックします。
    「マウス」をクリックします

  4. 「マウスのプロパティ」が表示されます。
    「USBマウス接続時の動作」タブをクリックして、「自動的にNX PADを無効にする」をクリックし、「OK」をクリックします。
    「USBマウス接続時の動作」タブをクリックし、「自動的にNX PADを無効にする」をクリックし、「OK」をクリックします

    補足

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

対象製品

2003年5月以降に発表されたLaVie

↑ページトップへ戻る