Windowsメールでエラー番号「0x800CCC78」が表示される場合の対処方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro
対象OS Windows Vista Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Business
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business

Q&A番号:009306  更新日:2013/07/17

Windowsメールで、エラー番号「0x800CCC78:拒否された電子メールアドレス」と表示される場合の対処方法について教えてください。

メールアカウントの設定に誤りや破損などがある場合があります。ここで案内する対処方法を順に確認してください。

メールアカウントの設定に誤りや破損などがある場合があります。ここで案内する対処方法を順に確認してください。

はじめに

Windowsメールでは、メールを送信する際に、エラー番号「0x800CCC78:拒否された電子メールアドレス」と表示され、メールが送信できない場合があります。

エラーメッセージの表示例

このエラーメッセージが表示される原因としては、次のことが考えられます。

  • アカウント設定に誤りがある
  • SMTP認証の設定を行っていない
  • アカウント設定が破損している

契約プロバイダから配布されたメールアカウントに関する資料を準備し、操作を行ってください。
アカウント情報やインターネット接続設定の不明点は、契約プロバイダへ確認してください。

操作手順

エラーメッセージが表示される場合は、次の項目を確認してください。

1. アカウント設定を確認する

エラーメッセージが表示される場合は、アカウント設定に誤りがないかを確認します。
アカウント設定を確認するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Windowsメールを起動します。

  2. メニューバーから「ツール」をクリックし、「アカウント」をクリックします。

  3. 任意のメールアカウントをクリックし、「プロパティ」をクリックします。

  4. 「全般」タブをクリックし、「電子メールアドレス」ボックスにメールアドレスが正しく入力されているかを確認します。

    補足

    入力は半角英数字で行います。

    半角英数字 0 1 2 3 4 5 a b c d e @
    × 全角英数字 0 1 2 3 4 5 a b c d e @
  5. 「OK」をクリックします。

  6. 「閉じる」をクリックします。

以上で操作完了です。

2. SMTP認証の設定を確認する

契約プロバイダによっては、SMTP認証の設定を行う必要があります。
SMTP認証の設定を行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Windowsメールを起動します。

  2. メニューバーから「ツール」をクリックし、「アカウント」をクリックします。

  3. 任意のメールアカウントをクリックし、「プロパティ」をクリックします。

  4. 「サーバー」タブをクリックし、「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れて、「設定」をクリックします。

  5. 契約プロバイダから配布された情報を元に設定を行い、「OK」をクリックします。

  6. 「OK」をクリックします。

  7. 「閉じる」をクリックします。

以上で操作完了です。

3. メールアカウントを再作成する

上記の対処方法を行ってもエラーメッセージが表示される場合は、アカウント設定情報の破損が考えられます。
この場合、アカウントを再設定することでエラーが改善される場合があります。

アカウントを再設定するには、いったんアカウントを削除して再度追加します。
手順については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindowsメールでメールアカウントを削除する方法
Q&AWindowsメールでメールアカウントを追加する方法

↑ページトップへ戻る