Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合の対処方法

Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合の対処方法

Q&A番号:009365  更新日:2014/10/20
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows Vista Home Basic、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Enterprise
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Enterprise
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005

Q&A番号:009365  更新日:2014/10/20

Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合の対処方法について教えてください。

Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合の対処方法についてご案内します。

Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合の対処方法についてご案内します。

はじめに

Microsoft Updateを実行し、更新プログラムをインストールした後、既定のメールソフトの設定が普段利用しているメールソフトからOutlook 2007へ勝手に変更されることがあります。

既定の設定がOutlook 2007へ変更された状態
既定の設定がOutlook 2007へ変更された状態

  • Office Updateを利用後にも、同様の現象が起こる場合があります。
  • ここでは例として、Windows Vistaの操作を案内します。

操作手順

Microsoft Updateを利用後、既定のメールソフトの設定が勝手にOutlook 2007に変更される場合は、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、既定のメールソフトをWindowsメールに設定します。

  1. 「スタート」を右クリックして、表示された一覧から「プロパティ」をクリックします。
    「スタート」を右クリックして、表示された一覧から「プロパティ」をクリックします

  2. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が表示されます。
    「[スタート]メニュー」タブをクリックして、「カスタマイズ」をクリックします。
    「[スタート]メニュー」タブをクリックして、「カスタマイズ」をクリックします

  3. 「[スタート]メニューのカスタマイズ」が表示されます。
    「電子メールリンク」ボックスから「Windowsメール」をクリックして、「OK」をクリックします。
    「電子メールリンク」ボックスから「Windowsメール」をクリックして、「OK」をクリックします

    「電子メールリンク」ボックスをクリックした状態
    「電子メールリンク」ボックスをクリックした状態

  4. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。
    「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」画面に戻ったら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Outlook 2007がインストールされている機種