Windows VistaでWindows(OS)が起動しない状態からシステムの復元を行う方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows Vista Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Business
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business

Q&A番号:009688  更新日:2016/11/29

Windows Vistaで、Windows(OS)が起動しない状態からシステムの復元を行う方法について教えてください。

Windows(OS)が正常に起動しない状態でも、システムの復元を行うことで、正常な状態に戻る可能性があります。

Windows(OS)が正常に起動しない状態でも、システムの復元を行うことで、正常な状態に戻る可能性があります。

はじめに

Windows Vistaでは、「システム回復オプション」機能を使ってシステムを復元できます。

システムファイルの不足や破損などの問題があった場合、Windowsは正しく起動しない可能性があります。
このようなときは、「システム回復オプション」機能の「システムの復元」を行うと回復する場合があります。

  • システムの復元を実行するには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  • システムの復元を実行するには、復元ポイントが必要です。
    復元ポイントは自動で作成されますが、手動で作成することも可能です。

  • システムの復元を実行する前に、可能な場合は大切なデータのバックアップを行ってください。

  • システムの復元は、ハードディスク内の情報の整合性に問題が発生し、システムが不安定になる場合があります。

  • システムの復元は、復元が完了するまで時間がかかることがあります。時間に余裕があるときに行ってください。

  • 使用するパソコン環境によって画面が異なる場合がありますが、ほぼ同様の操作が可能です。

操作手順

Windows VistaでWindows(OS)が起動しない状態からシステムの復元を行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. パソコンが起動している場合は、パソコンの電源を切ります(シャットダウンします)。

  2. 電源をオンにし、「NEC」のロゴ画面が表示されたら「F8」キーを何度か押します。
    ※キーボードエラーなどが出てうまくいかない場合は、「NEC」のロゴが消えた直後に「F8」キーを何度か押してみます。

  3. 「詳細ブート オプション」が表示されたら、「コンピュータの修復」を選択し、キーボードの「Enter」キーを押します。

    詳細ブート  オプション

    詳細オプションの選択:Windows Vista
    (方向キーを使って項目を選択してください。)

    コンピュータの修復

    セーフ モード
    セーフ モードとネットワーク
    セーフ モードとコマンドプロンプト

    ブート ログを有効にする
    低解像度ビデオ(640×480)を有効にする
    前回正常起動時の構成(詳細)
    ディレクトリ サービス復元モード
    デバッグ モード
    システム障害時の自動的な再起動を無効にする
    ドライバ署名の強制を無効にする

    Windows を通常起動する

    補足

    • この画面ではマウスは使用できません。カーソルの移動は、キーボードの「↑」キーや「↓」キーなどの矢印キーを使ってください。

    • Windowsロゴが表示され、通常どおりに起動した場合は、操作手順1から再度操作を行います。

  4. 「システム回復オプション」が表示されるので、「次へ」をクリックします。
    「システム回復オプション」が表示されるので、「次へ」をクリックします

  5. 「ユーザー名」ボックスをクリックし、復元ポイントを作成したユーザー名をクリックし、「パスワード」ボックスにパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
    「ユーザー名」ボックスをクリックし、復元ポイントを作成したユーザー名をクリックし、「パスワード」ボックスにパスワードを入力し、「OK」をクリックします

  6. 「システム回復オプション」が表示されるので、「システムの復元」をクリックします。
    「システム回復オプション」が表示されるので、「システムの復元」をクリックします

    補足

    この時、「システムの復元ウィザードは既に実行されています。このプログラムは終了します。」と表示された場合は、「OK」をクリックします。
    「システムの復元ウィザードは既に実行されています。このプログラムは終了します。」と表示された場合は、「OK」をクリックします

  7. 「システムの復元」が開始されるので、「次へ」をクリックします。
    「システムの復元」が開始されるので、「次へ」をクリックします

  8. 「復元ポイント」が表示されるので、復元したいポイントをクリックし、「次へ」をクリックします。
    「復元ポイント」が表示されるので、復元したいポイントをクリックし、「次へ」をクリックします
    ※ 「経過日数が5日を超えている復元ポイントを表示する」にチェックを入れると、古い復元ポイントを表示します。

  9. 「復元するディスクの確認」が表示されるので、「次へ」をクリックします。
    「復元するディスクの確認」が表示されるので、「次へ」をクリックします

  10. 「復元ポイントの確認」が表示されるので、内容を確認し「次へ」をクリックします。
    「復元ポイントの確認」が表示されるので、内容を確認し「次へ」をクリックします

  11. 下図のようなメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。
    下図のようなメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします

  12. 下図のような画面が表示されるので、しばらく待ちます。
    下図のような画面が表示されるので、しばらく待ちます

  13. システムの復元が完了した旨のメッセージが表示されるので、「再起動する」をクリックしパソコンを再起動します。
    システムの復元が完了した旨のメッセージが表示されるので、「再起動する」をクリックしパソコンを再起動します

  14. 再起動すると下図のようなメッセージが表示されるので、「閉じる」をクリックします。

    「システムの復元は正常に完了しました。システムは20xx/xx/xx xx:xx:xxに復元されました。ユーザーのドキュメントへの影響はありません。」

    「システムの復元は正常に完了しました。システムは20xx/xx/xx xx:xx:xxに復元されました。ユーザーのドキュメントへの影響はありません。」

以上で操作完了です。

Windows(OS)が復元されていることを確認してください。

↑ページトップへ戻る