Windows Vistaでメモリの使用状況を確認する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、ValueOne
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows Vista Home Basic、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate

Q&A番号:009937  更新日:2014/10/15

Windows Vistaで、メモリの使用状況を確認する方法について教えてください。

メモリが不足していると、パソコンの動作が遅くなる場合があります。必要に応じて、現在のメモリ使用状況を確認してください。

メモリが不足していると、パソコンの動作が遅くなる場合があります。必要に応じて、現在のメモリ使用状況を確認してください。

はじめに

パソコンの動作が遅くなった場合、現在使用しているメモリが不足している可能性があります。
タスクマネージャを利用し、状況に応じて、メモリ不足の有無やプログラムごとのメモリ消費量などを確認してください。

操作手順

Windows Vistaでメモリの使用状況を確認するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. タスクバーの何も表示されていない場所で右クリックし、表示された一覧から「タスクマネージャ」をクリックします。
    タスクバーの何も表示されていない場所で右クリックし、表示された一覧から「タスクマネージャ」をクリックします

  2. 「Windowsタスクマネージャ」が表示されます。
    「パフォーマンス」タブをクリックし、現在のメモリ使用状況を確認します。
    「Windowsタスクマネージャ」が表示されます

    補足

    画面最下部の「物理メモリ:71%」が現在使用中のメモリの割合です。
    プログラムをたくさん起動するほど値が増え、この値が100%に近づくほどメモリ不足の状態です。

    また、「物理メモリ(MB)」欄に表示されている値については、以下の各項目を参照してください。

    • 「合計」
      ご利用のパソコンに搭載されているメモリ容量(MB単位)

    • 「キャッシュ済み」
      システムリソースとして使用可能なキャッシュ容量。
      物理メモリの容量が増えれば「キャッシュ済み」の容量も増えます。
      基本的にはプログラムが実行されるときに必要な領域なので、
      メモリ不足の状態になると、この値が起動時に比べ少なくなります。

    • 「空きメモリ」
      全く使用していないメモリ容量。
      0になっても「キャッシュ済み」が残っていたら、問題ありません。

  3. プログラムごとのメモリ消費量を確認する場合は、「リソースモニタ」をクリックします。
    プログラムごとのメモリ消費量を確認する場合は、「リソースモニタ」をクリックします

  4. 「リソースモニタ」が表示されます。
    「メモリ」をクリックすると、プログラムごとのメモリ消費量が表示されます。
    ※ 「コミット」欄では、メモリを多く消費しているプログラムを確認できます。
    「メモリ」をクリックすると、プログラムごとのメモリ消費量が表示されます

  5. 各メモリの使用状況の確認が完了したら、メニューバーから「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「タスクマネージャの終了」をクリックして、タスクマネージャを終了します。
    各メモリの使用状況の確認が完了したら、メニューバーから「ファイル」をクリックし、表示された一覧から「タスクマネージャの終了」をクリックして、タスクマネージャを終了します

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る