Windows 7でハードディスクのデフラグ(最適化)を行う方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:010972  更新日:2015/07/02

Windows 7で、ハードディスクのデフラグ(最適化)を行う方法について教えてください。

ハードディスクのデフラグを行うと、断片化されたデータが整理されパソコンの動作が改善することがあります。

ハードディスクのデフラグを行うと、断片化されたデータが整理されパソコンの動作が改善することがあります。

はじめに

パソコンを長く使用していると、ハードディスク内のデータが分割して保存され、動作が遅くなったり不安定になったりすることがあります。デフラグを行うことで、データの分割状態(断片化)が解消され、動作が改善する可能性があります。

Windows 7の初期状態では、デフラグを自動で実行するスケジュールが設定されていますが、スケジュールを変更したり、希望するときに手動でデフラグを実行したりできます。

  • ハードディスク内に不要なファイルやフォルダーがある場合は、デフラグを行う前に削除を行ってください。
  • デフラグが完了するまでの時間は、パソコンの使用環境によって異なります。
  • SSD搭載モデルを使用している場合、添付マニュアルで使用上の注意やデフラグについて確認してください。

なお、ハードディスクのメンテナンスを目的としてデフラグを実行するときは、デフラグを行う前にハードディスクのエラーチェックを行うことをおすすめします。

ハードディスクのエラーをチェックする方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 7でハードディスクのエラーをチェックする方法

操作手順

Windows 7でハードディスクのデフラグ(最適化)を行うには、以下の操作手順を行ってください。

1. デフラグのスケジュールを変更する方法

Windows 7の初期状態では、毎週水曜日1:00にデフラグを自動で実行するように設定されています。

デフラグを実行する間隔や曜日、時刻を変更するには、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 7でハードディスクのデフラグ(最適化)のスケジュールを変更する方法

2. 手動でデフラグを実行する方法

手動でデフラグを実行するには、以下の操作手順を行ってください。

このQ&Aの操作手順は動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「表示方法」から「カテゴリ」をクリックし、「システムとセキュリティ」をクリックします。
    「表示方法」から「カテゴリ」をクリックし、「システムとセキュリティ」をクリックします

  3. 「ハードドライブの最適化」をクリックします。
    「ハードドライブの最適化」をクリックします

  4. 「ディスクデフラグツール」が起動します。
    「現在の状態」欄からデフラグしたいハードディスクドライブをクリックし、「ディスクの最適化」をクリックします。
    ここでは例として、「Windows 7(C:)」をクリックします。
    「現在の状態」欄からデフラグしたいハードディスクドライブをクリックし、「ディスクの最適化」をクリックします

  5. デフラグを実行したディスクの「進行状況」欄に状況が表示されるので、終了するまでしばらく待ちます。
    デフラグを実行したディスクの「進行状況」欄に状況が表示されるので、終了するまでしばらく待ちます

    補足

    • デフラグが完了するまでに、しばらく時間がかかります。
      ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続することをおすすめします。

    • デフラグを中止するには、画面下部の「操作の中止」をクリックして、「閉じる」をクリックします。

  6. デフラグが完了すると、「進行状況」欄の表示が消え、「最後の実行」欄に実行日時が表示されます。
    表示内容を確認して、「閉じる」をクリックします。
    「進行状況」欄の表示が消え、「最後の実行」欄に実行日時が表示されたら、「閉じる」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る