Outlook 2013で署名を作成する方法

Outlook 2013で署名を作成する方法

Q&A番号:014650  更新日:2017/09/13
対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014650  更新日:2017/09/13

Outlook 2013で、署名を作成する方法について教えてください。

署名付きのメールを送信する場合は、入力する署名をあらかじめ作成しておくと、毎回同じ内容を入力する手間を省いたり、入力ミスを防いだりすることができます。

署名付きのメールを送信する場合は、入力する署名をあらかじめ作成しておくと、毎回同じ内容を入力する手間を省いたり、入力ミスを防いだりすることができます。

はじめに

署名とは、メールの最後に付ける送信者の氏名や連絡先などを記した数行の文章です。
署名を付けてメールを送信すると、メールを受け取った人が、誰からのメールなのかを判断する目安になります。
あらかじめ署名を作成しておくことで、毎回同じ内容を入力する手間を省いたり、連絡先の入力ミスなどを防いだりすることができます。

操作手順

Outlook 2013で署名を作成するには、以下の操作方法を行ってください。

「使いかたチャンネル」では、このQ&Aの操作手順を動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する
※ 提供:キューアンドエー株式会社

  1. リボンから「ファイル」タブをクリックし、「オプション」をクリックします。
    「オプション」をクリックします

  2. 「Outlookのオプション」が表示されます。
    「メール」をクリックし、「メッセージの作成」欄から「署名」をクリックします。
    「メール」をクリックし、「メッセージの作成」欄から「署名」をクリックします

  3. 「署名とひな形」が表示されます。
    「署名」タブをクリックし、「編集する署名の選択」欄から「新規作成」をクリックします。
    「署名」タブをクリックし、「編集する署名の選択」欄から「新規作成」をクリックします

  4. 「新しい署名」が表示されます。
    これから作成する署名の名前を入力し、「OK」をクリックします。
    ここでは例として、「プライベート」と入力します。
    これから作成する署名の名前を入力し、「OK」をクリックします

  5. 「署名の編集」欄のボックス内に署名の内容を入力し、「OK」をクリックします。
    ここでは例として、下図のように入力します。
    ※ 署名の文字のフォントや大きさなども設定できます。
    「署名の編集」欄のボックス内に署名の内容を入力し、「OK」をクリックします

  6. 「Outlookのオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。
    「Outlookのオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

補足

作成した署名が不要になった場合は、該当の署名を削除することができます。
署名を削除する場合は、以下の情報を参照してください。
Q&AOutlook 2013で作成した署名を削除する方法

↑ページトップへ戻る