Outlook 2013で受信したメールにフラグを設定する方法

Outlook 2013で受信したメールにフラグを設定する方法

Q&A番号:014652  更新日:2013/02/19
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro

Q&A番号:014652  更新日:2013/02/19

Outlook 2013で受信したメールにフラグを設定する方法について教えてください。

「メール」の「フラグの設定」からメールにフラグを付けることができます。

「メール」の「フラグの設定」からメールにフラグを付けることができます。

はじめに

Outlook 2013では、メールにフラグを設定することができます。
フラグとは、後で確認したいメールなど特定のメールに対する目印として使用します。
フラグを設定するとメールのタイトルの横にフラグが表示され、タスクに登録されます。
タスクに登録されたメールは期限を設定することや、アラームを表示させることで確認忘れを予防することができます。

メールにフラグを設定した状態
メールにフラグが設定されたことを確認してください

操作手順

Outlook 2013で受信したメールにフラグを設定したり、フラグに期限やアラームを設定するには、次の項目を確認してください。

1. メールにフラグを設定する方法

メールにフラグを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. フラグを付けるメールを表示します。
    Oulook 2013を起動し、画面左下の「メール」をクリックします。
    ※ アイコン表示になっている場合は、「メール」をクリックします。
    Oulook 2013を起動し、画面左下の「メール」をクリックして、フラグを付けたいメールを表示します

  2. メールを右クリックし、「フラグの設定」をクリックして、「フラグを付ける」をクリックします。
    メールを右クリックし、「フラグの設定」をクリックして、「フラグを付ける」をクリックします

以上で操作完了です。

メールにフラグが設定されたことを確認してください。
メールにフラグが設定されたことを確認してください

2. メールのフラグに期限やアラームを設定する方法

メールにフラグで期限を設定することやアラームで指定した時間に知らせることができます。
フラグの期限変更とアラームを設定する場合は、以下の手順を行ってください。

  1. 「表示」タブをクリックし、「レイアウト」グループの「To Do バー」をクリックして、「タスク」をクリックします。
    「表示」タブをクリックし、「レイアウト」グループの「To Do バー」をクリックして、「タスク」をクリックします

  2. 画面右にTo Do バーが表示されます。
    期限を変更したいメールのフラグを右クリックし、「アラームの追加」をクリックします。
    期限を変更したいメールのフラグを右クリックし、「アラームの追加」をクリックします

  3. フラグの期限、アラームの日時をそれぞれ設定し、「OK」をクリックします。
    >フラグの期限、アラームの日時をそれぞれ設定し、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る

3. メールのフラグを完了する方法

フラグを設定したメールを見終えた場合や、目的が達成された場合、フラグを完了します。
フラグを完了した場合、完了したことがタスクに記録として残ります。
フラグを完了するには、フラグをクリックしてチェックを入れます。
フラグを完了するには、フラグをクリックしてチェックを入れます

補足

フラグをなくしたい場合は、フラグをクリアします。
フラグをクリアした場合、フラグを設定していた記録は残りません。
フラグをクリアするには、フラグのついたメールを右クリックし、「フラグの設定」をクリックして、「フラグをクリア」をクリックします。
フラグをクリアするには、フラグのついたメールを右クリックし、「フラグの設定」をクリックして、「フラグをクリア」をクリックします

以上で操作完了です。

対象製品

Outlook 2013がインストールされている機種