Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でGPUレンダリングの設定を変更する方法

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でGPUレンダリングの設定を変更する方法

Q&A番号:015863  更新日:2017/01/31
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:015863  更新日:2017/01/31

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、GPUレンダリングの設定を変更する方法について教えてください。

Internet Explorer 11でWebページが正常に表示されない場合は、GPUレンダリングの設定を変更することで現象が改善する可能性があります。

Internet Explorer 11でWebページが正常に表示されない場合は、GPUレンダリングの設定を変更することで現象が改善する可能性があります。

はじめに

Internet Explorer 11は、Webページの表示や動画の再生などをスムーズにするために、GPUという画像の処理に特化したハードウェアを使います。しかし、Webページによっては、GPUの設定が原因でWebページが正常に表示されない場合があります。

この場合、GPUレンダリングを有効または無効に設定を変更することで、現象が改善するか確認します。
※ GPUレンダリングは、初期状態では有効に設定されています。

ここで案内している操作はデスクトップ版Internet Explorerで行うことができます。
※ ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

操作手順

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でGPUレンダリングの設定を変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. デスクトップ版Internet Explorer 11を起動し、画面右上の「ツール」(ツール)をクリックして、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします。
    デスクトップ版Internet Explorer 11を起動し、画面右上の「ツール」をクリックして、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします

  2. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「詳細設定」タブをクリックします。
    「詳細設定」タブをクリックします

  3. GPUレンダリングを無効にする場合は、「設定」欄の「GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックを入れ、有効にする場合はチェックを外して、「OK」をクリックします。
    GPUレンダリングを無効にする場合は、「設定」欄の「GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックを入れ、有効にする場合はチェックを外して、「OK」をクリックします

    ※ お使いのパソコンのアクセラレータがGPUレンダリングをサポートしていない場合は、ソフトウェアレンダリングでの実行しか選択できないため、チェックを外すことができません。

  4. デスクトップ版Internet Explorer 11を終了し、パソコンを再起動します。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る