Windows 10でファイルの保存先をOneDriveに設定する方法

Windows 10でファイルの保存先をOneDriveに設定する方法

Q&A番号:018186  更新日:2018/06/19
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018186  更新日:2018/06/19

Windows 10で、ファイルの保存先をOneDriveに設定する方法について教えてください。

Windows 10では、OneDriveをファイルの既定の保存先として設定できます。オフラインの状態でもOneDriveのフォルダーに保存でき、ファイルはオフラインでも使用できます。

Windows 10では、OneDriveをファイルの既定の保存先として設定できます。オフラインの状態でもOneDriveのフォルダーに保存でき、ファイルはオフラインでも使用できます。

はじめに

Windows 10でドキュメントを保存する場合、OneDriveを既定の保存先としてあらかじめ設定しておくことができます。また、「ピクチャ」フォルダーに保存した写真や動画、スクリーンショットについても、OneDriveに自動でアップロードして保存されるように設定できます。

OneDriveのフォルダーはオフライン時にも保存でき、オンライン状態のときにアップロードされます。
また、OneDriveに保存したファイルは、初期設定でオフラインで利用することができます。

ドキュメント、写真、動画などのファイルの保存先をOneDriveに設定しておくと、OneDriveが利用できる環境であれば、ほかのデバイスからファイルを閲覧できます。また、インターネット上にあるOneDriveに同期されるため、パソコン自体に不具合が発生したり、パソコン上でファイルの破損や紛失が発生したりした場合でも、目的のデータをOneDriveから閲覧できます。

※ 「PC」の「ドキュメント」フォルダーや「ピクチャ」フォルダーに保存した場合は、OneDriveには自動保存されません。手動で「OneDrive」フォルダーへコピーや移動を行う必要があります。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でファイルの保存先をOneDriveに設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. タスクバーの通知領域から、「アイコン」をクリックします。
    タスクバーの通知領域から、アイコンをクリックします

  2. OneDriveアイコンを右クリックし、表示された一覧から「設定」をクリックします。
    OneDriveアイコンを右クリックし、表示された一覧から「設定」をクリックします

    補足

    OneDriveアイコンがグレーアウトしている場合は、Microsoftアカウントでサインインして、OneDriveを有効にする必要があります。
    OneDriveアイコンがグレーアウトしている場合は、Microsoftアカウントでサインインして、OneDriveを有効にする必要があります

  3. 「Microsoft OneDrive」が表示されます。
    「自動保存」タブをクリックし、各項目を設定します。
    「自動保存」タブをクリックし、各項目を設定します

    デスクトップ、ドキュメント、画像

    以下の情報を参照し、各項目のボックスをクリックして保存する場所を選択します。

    • 「このPCのみ」:PCの「ドキュメント」フォルダーに自動保存されます。保存場所はパソコン内です。
    • 「OneDrive」:「OneDrive」フォルダーに自動保存されます。保存場所はパソコン内の「OneDrive」フォルダーとネットワーク上の「OneDrive」フォルダーの両方です。

    「ドキュメント」「写真」ボックスをそれぞれクリックして、保存する場所を選択します

    補足

    デスクトップ

    「OneDrive」に設定すると、デスクトップ画面の表示がOneDrive仕様に切り替わり、設定を変更する前からデスクトップ上にあったファイルは、非表示になります。非表示になったファイルはエクスプローラーの「デスクトップ」に保存されています。

    「このPCのみ」に設定すると、デスクトップ画面の表示が既定の仕様に切り替わり、「OneDrive」の状態で保存していたファイルは非表示になります。「デスクトップ」に保存されていたファイルがある場合は、それらのファイルが表示されるようになります。

    ドキュメント

    「ドキュメント」を「OneDrive」に設定すると、ライブラリの中の「ドキュメント」フォルダーのデータがOneDriveに保存されるようになります。
    「ドキュメント」フォルダーには主にダウンロードファイルや、文書、PDFファイルなどが保存されています。

    画像

    「ピクチャ」を「OneDrive」に設定すると、ライブラリの中の「ピクチャ」フォルダーの中のデータがOneDriveに保存されるようになります。
    「ピクチャ」フォルダーには主にjpgやpngといった画像ファイルが保存されています。

    写真と動画

    チェックを入れると、パソコンにカメラなどのデバイスを接続した際に写真やビデオが「OneDrive」フォルダーに自動保存されるようになります。
    写真やビデオが「OneDrive」フォルダーに自動保存されるようにするには、チェックを入れます

    スクリーンショット

    チェックを入れると、スクリーンショットを撮った際に「OneDrive」フォルダーに自動保存されるようになります。
    スクリーンショットを撮ると「OneDrive」フォルダーに自動保存されるようにするには、チェックを入れます

  4. 各項目の設定が完了したら、「OK」をクリックします。
    「PC設定」が表示されたら、「OneDrive」をクリックします

以上で操作完了です。

設定した保存先にファイルが保存されることを確認してください。
OneDriveに保存されているファイルにはチェックマークがつきます。
OneDriveに保存されているファイルにはチェックマークがつきます

※ 設定した内容が反映されていない場合は、時間をおいて再度確認してください。

↑ページトップへ戻る