Windows 10のInternet Explorer 11で保護モードを有効/無効に設定する方法

Windows 10のInternet Explorer 11で保護モードを有効/無効に設定する方法

Q&A番号:018194  更新日:2018/08/31
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018194  更新日:2018/08/31

Windows 10のInternet Explorer 11で、保護モードを有効/無効に設定する方法について教えてください。

保護モードは、セキュリティの設定で有効または無効にすることができます。Webページが正常に表示されない場合は、保護モードを無効に設定することで改善する可能性があります。

保護モードは、セキュリティの設定で有効または無効にすることができます。Webページが正常に表示されない場合は、保護モードを無効に設定することで改善する可能性があります。

はじめに

Internet Explorer 11の保護モードとは、Webページを閲覧中に、ウイルスやスパイウェアなど悪意のあるソフトウェアがパソコンにインストールされないよう保護する機能です。
有効または無効の設定は、セキュリティの設定で、「インターネット」や「イントラネット」など各ゾーンごとに行います。

保護モードは、セキュリティを高める効果があるため、有効に設定しておくことをおすすめしますが、Webページによっては保護モードが影響して正常に表示されない場合があります。閲覧するWebページが信頼できるページであれば、一時的に保護モードを無効に設定して、正常に表示できるかどうか確認してください。

Internet Explorer 11では、保護モードとは別に、保護モードのセキュリティを強化した「拡張保護モード」も用意しています。
拡張保護モードを有効または無効に設定する方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で拡張保護モードを有効/無効に設定する方法

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11で保護モードを有効または無効に設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、「ツール」をクリックして、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします。
    ツールをクリックして表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします

  2. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「セキュリティ」タブをクリックし、「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」ボックスから、保護モードを変更するゾーンをクリックします。
    ここでは例として、「インターネット」の保護モードを設定します。
    「セキュリティ」タブをクリックし、設定するゾーンをクリックします

    補足

    保護モードの設定は、各ゾーンごとに行います。各ゾーンの違いは、以下のとおりです。

    • インターネット
      「信頼済みサイト」と「制限付きサイト」に登録していない、すべてのWebページの閲覧に適用されます。

    • ローカルイントラネット
      組織内に設定したプライベートネットワーク上のWebページの閲覧に適用されます。

    • 信頼済みサイト
      「信頼済みサイト」に登録したWebページを閲覧する際に適用されます。

    • 制限付きサイト
      「制限付きサイト」に登録したWebページを閲覧する際に適用されます。

  3. 保護モードを有効にする場合は、「保護モードを有効にする」にチェックを入れ、無効にする場合はチェックを外し、「OK」をクリックします。
    「保護モードを有効にする」にチェックを入れ、または外し、設定が完了したら「OK」をクリックします

  4. Internet Explorer 11を再起動します。

以上で操作完了です。

保護モードが有効または無効に設定されたことを確認してください。

↑ページトップへ戻る