Windows 10のInternet Explorer 11でWebページの文字サイズを変更する方法

Windows 10のInternet Explorer 11でWebページの文字サイズを変更する方法

Q&A番号:018816  更新日:2019/02/05
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018816  更新日:2019/02/05

Windows 10のInternet Explorer 11で、Webページの文字サイズを変更する方法について教えてください。

Internet Explorer 11で閲覧するWebページの文字が見にくい場合、文字サイズを5段階で調整し、見やすい大きさに変更することができます。

Internet Explorer 11で閲覧するWebページの文字が見にくい場合、文字サイズを5段階で調整し、見やすい大きさに変更することができます。

はじめに

Internet Explorer 11では、Webページの文字サイズを閲覧しやすい大きさに変更することができます。
文字サイズは、「最大」「大」「中」「小」「最小」の5段階で調整できます。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

windows 10のInternet Explorer 11でWebページの文字サイズを変更するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、「Alt」キーを押し、メニューバーを表示します。
    「Alt」キーを押し、メニューバーを表示します

    補足

    上記の方法でメニューバーを表示した場合、クリックを伴う操作を1度行うと、メニューバーは画面から消えてしまいます。
    メニューバーを常時表示したい場合は、タブの右側の何もないところを右クリックし、表示された一覧から「メニューバー」をクリックします。
    メニューバーを常時表示したい場合は、タブの右側の何もないところを右クリックし、表示された一覧から「メニューバー」をクリックします

  2. メニューバーから「表示」をクリックし、「文字のサイズ」にマウスポインターを合わせて、表示された一覧から変更したい文字サイズをクリックします。
    ここでは例として、「中」から「最大」に変更し、文字サイズを縮小します。
    メニューバーから「表示」をクリックし、「文字のサイズ」にマウスポインターを合わせて、表示された一覧から変更したいサイズをクリックします

以上で操作完了です。

文字のサイズが変更されたことを確認してください。

変更前(サイズ:中)
変更前(サイズ:中)

変更後(サイズ:最大)
変更後(サイズ:最大)

↑ページトップへ戻る