Windows 10のInternet Explorer 11でActiveXフィルターを有効にする方法

Windows 10のInternet Explorer 11でActiveXフィルターを有効にする方法

Q&A番号:018903  更新日:2018/09/04
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018903  更新日:2018/09/04

Windows 10のInternet Explorer 11で、ActiveXフィルターを有効にする方法について教えてください。

ActiveXフィルターを有効にすると、Webページを表示したとき、悪意のあるプログラムや速度低下の原因となるプログラムを自動で停止できます。

ActiveXフィルターを有効にすると、Webページを表示したとき、悪意のあるプログラムや速度低下の原因となるプログラムを自動で停止できます。

はじめに

ActiveX(ActiveXコントロール)とは、Webページ内の動画再生やアニメーション表示などを行うための仕組みです。
ActiveXコントロールが設定されているWebページを表示すると、ウイルスや悪意あるプログラムに感染するリスクがあり、パソコンの処理速度が低下する原因となることもあります。

Internet Explorer 11では、ActiveXフィルター機能を有効にすると、Webページを表示したとき自動でActiveXコントロールをブロックできます。
※ 信頼できるWebページがブロックされた場合は、該当のWebページだけ機能を無効にできます。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11でActiveXフィルターを有効にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、画面右上の「ツール」(ツール)をクリックします。
    画面右上の「ツール」をクリックします

  2. 表示された一覧から「セーフティ」にマウスポインターを合わせ、「ActiveXフィルター」にチェックを入れます。
    表示された一覧から「セーフティ」にマウスポインターを合わせ、「ActiveXフィルター」にチェックを入れます
    ※ ActiveXフィルターを無効にする場合は、「ActiveXフィルター」のチェックを外します。

以上で操作完了です。

補足

ActiveXフィルターを有効にすると、すべてのWebサイトでActiveXコントロールがブロックされますが、閲覧するWebサイトが信頼できるサイトであれば、個別にActiveXコントロールを有効にすることができます。

該当のWebページを開き、アドレスバーの右側に表示されている「プライバシーを保護するために、一部コンテンツがブロックされています」をクリックして、「このサイトの一部のコンテンツがフィルターされています」と表示されたら、「ActiveXフィルターを無効にする」をクリックしてください。
アイコンをクリックして、「このサイトの一部のコンテンツがフィルターされています」と表示されたら、「ActiveXフィルターを無効にする」をクリックしてください

↑ページトップへ戻る