Windows 10でCドライブの容量を縮小して新しくドライブを作成する方法

Windows 10でCドライブの容量を縮小して新しくドライブを作成する方法

Q&A番号:020024  更新日:2019/08/09
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020024  更新日:2019/08/09

Windows 10で、Cドライブの容量を縮小して新しくドライブを作成する方法について教えてください。

ハードディスク内の既存のドライブ領域を縮小して、新しいドライブを作成することで、システムファイルやデータファイルを別々のドライブで管理することができます。

ハードディスク内の既存のドライブ領域を縮小して、新しいドライブを作成することで、システムファイルやデータファイルを別々のドライブで管理することができます。

はじめに

出荷時のハードディスクには、Cドライブのみ、またはCドライブとDドライブが作成されています。
ドライブを増やしたい場合は、既存のドライブを縮小することで新しくドライブを作成できます。

ここでは例として、CドライブとDドライブが作成されている状態で、新しくFドライブを作成する方法について案内します。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でCドライブの容量を縮小して新しくドライブを作成するには、以下の操作手順を行ってください。

1. 注意事項と作業前の準備

!注意

ここで案内するハードディスクのパーティション変更(ドライブの分割や作成)方法については、お客様の自己責任で行ってください。
操作を行う前に、下記の注意事項を確認してください。

これらの注意事項を十分理解し、データバックアップなどの必要な準備を行ったうえで「2. Cドライブを縮小する方法」に進んでください。

2. Cドライブを縮小する方法

Cドライブを縮小するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ディスクの管理」をクリックします。
    「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ディスクの管理」をクリックします

  2. 「ディスクの管理」が表示されます。
    「(C:)」ドライブを右クリックし、表示された一覧から「ボリュームの縮小」をクリックします。
    「(C:)」ドライブを右クリックし、表示された一覧から「ボリュームの縮小」をクリックします

  3. 「利用可能な縮小領域のボリュームを照会しています。お待ちください...」というメッセージが表示されたら、しばらく待ちます。
    「利用可能な縮小領域のボリュームを照会しています。お待ちください...」というメッセージが表示されたら、しばらく待ちます

  4. 「C:の縮小」が表示されます。
    「縮小する領域のサイズ」欄に新しく作成するドライブの容量を入力し、「縮小」をクリックします。
    ここでは例として、「100000」と入力します。
    「縮小する領域のサイズ」欄に新しく作成するドライブの容量を入力し、「縮小」をクリックします

  5. 「ディスクの管理」画面に戻ったら、「未割り当て」の領域が表示されていることを確認します。
    「ディスクの管理」画面に戻ったら、「未割り当て」の領域が表示されていることを確認します

以上で操作完了です。

続けて「3. 新しいドライブを作成する方法」の操作を行ってください。

3. 新しいドライブを作成する方法

新しいドライブを作成するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ディスクの管理」をクリックします。
    ※ 「ディスクの管理」画面が開いている場合は、手順2に進みます。
    「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「ディスクの管理」をクリックします

  2. 「ディスクの管理」が表示されます。
    ハードディスクに「未割り当て」のドライブがあることを確認します。
    ※ 「未割り当て」のドライブがない場合は、「2. Cドライブを縮小する方法」を行ってください。
    ハードディスクに「未割り当て」のドライブがあることを確認します

  3. 「未割り当て」のドライブを右クリックし、表示された一覧から「新しいシンプルボリューム」をクリックします。
    「未割り当て」のドライブを右クリックし、表示された一覧から「新しいシンプルボリューム」をクリックします

  4. 「新しいシンプルボリュームウィザード」が表示されます。
    「次へ」をクリックします。
    「次へ」をクリックします

  5. 「シンプルボリュームサイズ」欄に新しく作成するドライブの容量を入力し、「次へ」をクリックします。
    ここでは例として、「99999」と入力します。
    「シンプルボリュームサイズ」欄に新しく作成するドライブの容量を入力し、「次へ」をクリックします

  6. 「次のドライブ文字を割り当てる」をクリックし、右側のボックスから任意のドライブ文字をクリックして「次へ」をクリックします。
    ここでは例として、「F」をクリックします。
    「次のドライブ文字を割り当てる」をクリックし、右側のボックスから任意のドライブ文字をクリックして「次へ」をクリックします

  7. 「このボリュームを次の設定でフォーマットする」をクリックし、「ボリュームラベル」に任意の名前を入力して「次へ」をクリックします。
    ここでは例として、「ボリューム」と入力します。
    「このボリュームを次の設定でフォーマットする」をクリックし、「ボリュームラベル」に任意の名前を入力して「次へ」をクリックします

    補足

    「このボリュームを次の設定でフォーマットする」の各設定項目の詳細については、以下のとおりです。
    「ボリュームラベル」以外の項目については、初期状態から変更しないことをおすすめします。

    • 「ファイルシステム」
      ハードディスクのフォーマット形式を設定します。

    • 「アロケーションユニットサイズ」
      ハードディスク上にデータを記録する区画のサイズを指定します。

    • 「ボリュームラベル」
      新しく作成するドライブの名前を入力します。
      ここで入力した名前が、エクスプローラーやファイル選択の画面などで表示されます。

    • 「クイックフォーマットする」
      クイックフォーマットにチェックを入れると、短時間でフォーマットが完了します。
      チェックを外すと、ハードディスクをチェックしながら初期化しますが、完了まで時間がかかります。

    • 「ファイルとフォルダーの圧縮を有効にする」
      チェックを入れると、ファイルやフォルダーを圧縮しますが、パソコンやアプリの動作に影響が出ることがあります。

  8. 「次の設定を選択しました」ボックスの内容を確認し、「完了」をクリックします。
    「次の設定を選択しました」ボックスの内容を確認し、「完了」をクリックします

  9. 新しいドライブが作成されたことを確認します。
    新しいドライブが作成されたことを確認します

    補足

    エクスプローラーが自動で起動し、新しく作成したドライブが表示されます。
    ドライブ名が、手順7で「ボリュームラベル」ボックスに入力した名前になっていることを確認し、「×」(閉じる)をクリックします。
    ドライブ名が、「ボリュームラベル」ボックスに入力した名前になっていることを確認し、「×」(閉じる)をクリックします

以上で操作完了です。

パソコンを再起動し、正常にWindowsが起動することを確認してください。

↑ページトップへ戻る