Windows 10のInternet Explorer 11で表示しているWebページ内を検索する方法

Windows 10のInternet Explorer 11で表示しているWebページ内を検索する方法

Q&A番号:020143  更新日:2019/03/13
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020143  更新日:2019/03/13

Windows 10のInternet Explorer 11で、表示しているWebページ内を検索する方法について教えてください。

Internet Explorer 11では、表示しているWebページ内を特定のキーワードや文章で検索することができます。

Internet Explorer 11では、表示しているWebページ内を特定のキーワードや文章で検索することができます。

はじめに

Internet Explorer 11では、キーワードや文字列を入力して、開いているWebページ内を検索することができます。
Webページで特定の内容を調べるとき、ページ内をすべてスクロールして確認するよりも、短時間で目的の箇所を見つけることができます。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11で表示しているWebページ内を検索するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、ページ内検索を行いたいWebページを表示します。
    ここでは例として、以下のQ&Aページを表示します。
    Internet Explorer 11を起動し、ページ内検索を行いたいWebページを表示します

  2. キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「F」キーを押し、画面上部に検索ボックスを表示します。
    キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「F」キーを押し、画面上部に検索ボックスを表示します

  3. 検索したい文字列を入力します。
    ここでは例として、「タスクバー」と入力します。
    検索したい文字列を入力します

  4. 入力した文字列が見つかった場合は、検索バーの右側に「(見つかった件数)件の一致」と表示され、Webページ内で該当の文字列が反転して表示されます。
    入力した文字列が見つかった場合は、検索バーの右側に「(見つかった件数)件の一致」と表示され、Webページ内で該当の文字列が反転して表示されます

    補足

    • 該当の文字列が複数ある場合は、最初の文字列が反転表示され、ほかの文字列は黄色い背景で表示されます。
      「次へ」や「前へ」をクリックすると、ほかの検索結果を表示します。
      該当の文字列が複数ある場合は、「次へ」や「前へ」をクリックすると、ほかの検索結果を表示します

    • 該当の文字列が見つからなかった場合は、検索バーの右側に「一致はありませんでした」と表示されます。
      該当の文字列が見つからなかった場合は、検索バーの右側に「一致はありませんでした」と表示されます

以上で操作完了です。

検索を終了するには、検索ボックス左側の「×」をクリックします。
キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「F」キーを押し、画面上部に検索ボックスを表示します

↑ページトップへ戻る