Windows Vista / XPでパソコンがフリーズして反応しない場合の対処方法

Windows Vista / XPでパソコンがフリーズして反応しない場合の対処方法

Q&A番号:002358  更新日:2017/11/30
対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows Vista Home Basic、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition

Q&A番号:002358  更新日:2017/11/30

Windows Vista / XPで、パソコンがフリーズして反応しない場合の対処方法について教えてください。

パソコンがフリーズする頻度や、特定条件で発生するかなどで原因が特定できるかを確認し、ここで案内する対処方法や参照先を確認してください。

パソコンがフリーズする頻度や、特定条件で発生するかなどで原因が特定できるかを確認し、ここで案内する対処方法や参照先を確認してください。

はじめに

パソコン使用中に、キーボードやマウスなどを操作してもパソコンが反応しなくなり、操作が正常に行えなくなる場合があります。
この現象をフリーズと言います。

フリーズは、頻繁に発生する場合や一時的に発生することがあります。また、特定条件(例として、Internet Explorer利用中や、特定のアプリ使用時、周辺機器の接続後など)で発生する場合などがあります。
まずは、フリーズが何度も発生するか、いつから発生したか、どういった操作を行ったときに発生するかなどで、原因を特定できるか確認して、対処方法を行ってください。

対処方法

Windows Vista / XPでパソコンがフリーズして反応しない場合は、以下の対処方法を行ってください。

1. 状況を確認する

突然パソコンが動かなくなっても、いきなり電源スイッチを切ったりケーブルを抜いたりしないようにしてください。

画面にエラーメッセージが表示されているか

エラーメッセージが表示されている場合はエラーメッセージを確認し、必要な場合はメモしておきます。

どういう状態(操作)で動かなくなったか

パソコンの電源を入れてから動かなくなるまでの操作を再確認し、必要な場合はメモしておきます。

  • インターネットやWordなどのアプリケーションの操作中
  • ネットワークやインターネットなどの設定中
  • アプリケーションをインストールまたはアンインストール中
  • スタンバイまたは休止状態への移行時または復帰時
  • スクリーンセーバー起動時または復帰時
  • 何もしていない

確認できたら、「2. マウスやキーボードの動作を確認する」へ進みます。

2. マウスやキーボードの動作を確認する

マウスやキーボードが動作するかどうか確認してください。単に動きが遅くなっている場合もあります。
操作を行いながらしばらく反応を待つようにしてください。

マウスは動くがクリックしても反応しない場合

キーボードの「Windows」ボタンを押して反応するかどうかを確認してください。
反応した場合は、以下の操作手順で電源を切ってください。

  1. スタートメニューが出たら、キーボードの上下の矢印キー(↑↓)で「Windowsの終了」に合わせて「Enter」キーを押します。

  2. 「Windowsの終了」画面が出たら、上下の矢印キー(↑↓)で「電源を切れる状態にする」または「終了」「シャットダウン」に合わせて「Enter」キーを押します。
    電源が切れたら、「4.再度パソコンを起動する」へ進みます。
    電源が切れない場合は、「3.パソコンを強制終了する」へ進みます。

マウスもキーボードも反応しない場合

起動していたアプリケーションや設定が、それ以上実行できない状態になっています。
この場合は、「3.パソコンを強制終了する」へ進みます。

また、キーボードやマウスが正常に動作しない場合は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 7 / Vista / XPでワイヤレスキーボードやワイヤレスマウスが正常に動作しない場合の対処方法

3. パソコンを強制終了する

まずは現在起動しているプログラムの強制終了を行います。
なお、プログラムで保存していないデータは最後に保存した状態のままになっています。

キーボードから強制終了の操作を行う

キーボードから強制終了の操作を行います。
キーボードから強制終了を行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. キーボードより以下の3つのキーを同時に約1秒間押してください。
    「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Del」キー
    ※ Windows XPの場合は、さらに「タスクマネージャ」をクリックしてタスクマネージャを開きます。
    ※ Windows Vistaの場合は、さらに「タスクマネージャの起動」をクリックしてタスクマネージャを開きます。

  2. プログラムの強制終了の画面が表示されたら、プログラムの一覧から「応答なし」の項目をクリックして選択します。
    ※ Windows XPの場合は、画面上部の「アプリケーション」タブをクリックし、表示された一覧から「応答なし」の項目をクリックして選択します。

  3. 「終了」または「タスクの終了」をクリックしてしばらく待ちます。

  4. 「下記のプログラムから応答がありません」の画面が表示された場合は、「終了」をクリックします。

以上で操作完了です。

ハードディスクのアクセスランプを確認する

ハードディスクやCD/DVDドライブのアクセスランプが点灯または点滅している場合は、何らかのプログラムが実行中のため、ランプが消えるまでしばらく待ちます。
※ アクセス中に電源を切ろうとするとデータが失われる可能性があります。

しばらく経ってもハードディスクやCD/DVDドライブのアクセスランプが消えない場合は、以下の「強制的に電源を切る」の操作を行ってください。

強制的に電源を切る

電源ボタンを6秒以上押し続けてパソコンの電源を切ります。
強制終了ができれば、「4. 再度パソコンを起動する」へ進みます。

4. 再度パソコンを起動する

再度電源を入れて、以下の項目を確認してください。

Windowsが起動するかどうか確認する

Windowsが起動する前に、ディスクのチェックを行う青い画面が出る場合があります。
これは前回Windowsが正常終了しなかったためで、ディスクのチェック自体は通常の機能です。
チェックディスクが終わると、Windowsが起動します。

止まってしまったアプリケーションや設定を再度実行する

先ほどストップ(ストール)した操作を再び行ってみます。
特に問題がなければ一時的な現象であった可能性があるので、しばらく様子を見てください。
まだ問題が発生する場合は、「5.原因を調べる」へ進みます。

5. 原因を調べる

まだ問題が発生する場合は何が原因かを調べる必要があります。
ここでは「何を実行すると止まってしまうのか」「その操作で必ず止まるのか」を確認します。

再度「1.状況を確認する」で確認した項目を確認し、以下から動かなくなった状態(操作)に該当する項目を確認します。

インターネットやWordなどのアプリケーションの操作中

  • アプリケーションの設定を変更したことがあれば、設定を元に戻して様子を見てください。

  • アプリケーションの操作が本当に問題ないかを確認してください。もし、操作に問題ない場合は、そのアプリケーション自身に問題がある可能性があります。必要であればアプリケーションメーカーのサポート窓口に相談してください。

  • それでも止まる場合は、パソコン添付のマニュアルまたは電子マニュアルを参照して、アプリケーション自身を削除追加してください。

ネットワークやインターネットなどの設定中

設定を行っていて止まってしまう場合、その設定が合っていないと考えられます。この場合、設定をやり直してください。
周辺機器の設定中に止まってしまう場合も、いったん設定を削除して設定をやりなおしてください。

アプリケーションをインストールまたはアンインストール中

アプリケーションをインストール中に止まってしまう場合

以下のいずれかが原因と考えられます。

アプリケーションをアンインストール中に止まってしまう場合

アプリケーションかパソコン自体に問題があります。
まず、アプリケーションのインストールを行い、その後再度削除の操作を行ってください。
各アプリケーションの追加と削除は、パソコン添付のマニュアルまたはオンラインマニュアルを参照してください。

スタンバイまたは休止状態への移行時または復帰時

スタンバイ状態への移行時または復帰時に止まる場合は、以下の原因が考えられます。

アプリケーションが原因
アプリケーションが起動していることが原因である場合があります。この場合は、アプリケーションを終了して様子を見てください。
また、アプリケーションがWindowsやパソコンに対応していないことが考えられます。
一度アプリケーションの追加と削除を行ってみて、改善しないようならアプリケーションメーカーへ確認してください。

周辺機器がスタンバイに対応していない
追加した周辺機器がスタンバイまたは休止状態に対応していない可能性があります。周辺機器メーカーへ確認してください。

パソコン側の問題
パソコン側に修正モジュールが出ている可能性があります。
以下の「修正モジュールを適用する」を参照して、該当する修正モジュールがないか検索してください。

スクリーンセーバー起動時または復帰時

スクリーンセーバーが設定されていないか
スクリーンセーバー起動時や復帰時に止まる場合は、設定したスクリーンセーバーを一度無効に設定にしてください。
これで改善したら、ほかのスクリーンセーバーに設定して様子を見てください。
ほかのスクリーンセーバーで問題がない場合は、元のスクリーンセーバーが壊れている可能性があります。
元のスクリーンセーバーは使用せず、ほかのスクリーンセーバーを使用してください。

何もしていない

何も操作していなくても、パソコンはさまざまな要因で動いています。
以下の項目を確認してください。

プリンタやスキャナなどの周辺機器に定期的にアクセスするプログラムが起動していないか
プリンタやスキャナなどが接続されている場合は、その周辺機器に定期的にアクセスするプログラムがタスクトレイや通知領域に常駐していないかどうかを確認してください。
起動している場合は右クリックしてアイコンを終了して様子を見てください。

定期的に動作するアプリケーションなどをインストールしていないか
Windowsと同時に起動するアプリケーションを減らして様子を見ます。
Windows XPの場合は、以下の情報を参照して起動するアプリケーションを減らしてください。
※ 常駐ソフトの停止については、Windows XPの手順の案内でWindows Vistaでもほぼ同様の操作が可能です。
Q&AWindows XPで自動的に起動されるソフトを停止する方法

タイマー設定されていないか
Timer-NXなどタイマー設定が可能な機種の場合は、指定した時刻にアプリケーションが起動する設定になっていないかどうかを確認してください。

6. 一般的な問題について

上記の対処方法を行っても改善しない、または上記に該当しない場合は、以下に示した一般的な問題である可能性があります。
以下の項目でまだ行っていない項目を試してみてください。

修正モジュールを適用する

ご使用のパソコンによっては、問題を解決する修正モジュールなどが適用される、NECサポートプログラムを提供している場合があります。
NECサポートプログラムは、弊社ホームページ「121ware.com」からダウンロードできます。
NECサポートプログラムの確認や適用方法は、以下の情報を参照してください。
121wareダウンロード
121wareNECサポートプログラムの使い方

Windows Update

Windows Updateは、コンピュータの機能と動作を向上させるためのWindowsオンライン拡張機能です。
WindowsやInternet ExplorerなどのUpdateプログラムを提供しています。
Windows Updateに関する情報については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows XPのWindows Updateについて
Q&AWindows VistaのWindows Updateを手動で行う方法

Microsoft社製品別サポートページ

Microsoft社製品別サポートページに対策が掲載されている場合があります。
以下の情報を参照してください。
外部サイトMicrosoft社 - サポート

システムの復元を行う

それでもパソコンが止まってしまう場合は、「システムの復元」を実施してください。
Windows Vista / XP / Meには「システムの復元」機能があり、この機能を利用してパソコンを以前の状態に戻すと、問題が解決する場合があります。
※ 本操作により、パソコンは復元した日付の状態に戻ります。その日付以降に行った操作の一部は無効になりますので、操作は慎重に行ってください。

手順については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows Vistaでシステムの復元を使用してパソコンを以前の状態に戻す方法
Q&AWindows XPでシステムの復元を使用してパソコンを以前の状態に戻す方法

↑ページトップへ戻る