Windows XPで自動的に起動されるソフトを停止する方法

Windows XPで自動的に起動されるソフトを停止する方法

Q&A番号:003115  更新日:2019/10/29
対象機種 LaVie(〜2014年12月発表)、他… すべて表示する、   折りたたむ
VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、ValueOne
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Media Center Edition 2005

Q&A番号:003115  更新日:2019/10/29

Windows XPで、自動的に起動されるソフトを停止する方法について教えてください。

パソコンの動作が遅くなった場合は、パソコンの起動と同時に自動で起動されるソフト(常駐ソフト)から不要なものを停止し、動作が改善されるか確認してください。

パソコンの動作が遅くなった場合は、パソコンの起動と同時に自動で起動されるソフト(常駐ソフト)から不要なものを停止し、動作が改善されるか確認してください。

はじめに

パソコンには購入時の状態で、多くのソフトがインストールされており、ウイルス対策ソフトやパソコンの動作に必要なシステムなどのいくつかのソフトが、パソコン起動時に自動的に起動するように設定されています。

パソコンの起動と同時に起動するソフトの数が多くなると、パソコンの電源を入れた後、操作できるようになるまでの時間が長くなります。パソコンの動作が遅くなった場合は、自動的に起動されるソフトの数を抑えることで、動作が改善することがあります。

※ 自動で起動するソフトの中には、パソコンが動作する上で重要なシステムやウイルス対策ソフトが含まれています。
それらのソフトを停止してしまうと、パソコンが正常に動作しなかったり、セキュリティ上の問題が発生したりする可能性が高まります。
常駐ソフトを停止する際は、パソコンの動作やセキュリティ上問題がないと判断できる場合にのみ行ってください。

操作手順

Windows XPで自動的に起動されるソフトを停止するには、以下の操作手順を行ってください。

1. 「システム構成ユーティリティ」を利用する

自動的に起動されるソフトを「システム構成ユーティリティ」を利用して停止するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」の順にクリックします。
    「スタート」→「ファイル名を指定して実行」の順にクリックします

  2. 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。
    「名前」ボックスに半角文字で「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。
    「名前」ボックスに半角文字で「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします

  3. 「システム構成ユーティリティ」が表示されます。
    「スタートアップ」タブをクリックし、「スタートアップ項目」欄から自動的に起動させたくないソフトのチェックを外して、「OK」をクリックします。
    「スタートアップ」タブをクリックし、「スタートアップ項目」欄から自動的に起動させたくないソフトのチェックを外して、「OK」をクリックします

  4. 「システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。」というメッセージが表示されます。
    「再起動」をクリックします。
    「再起動」をクリックします

  5. パソコンの再起動後、「システム構成ユーティリティを使ってWindowsの開始方法を変更しました。」という画面が表示されます。
    「Windowsの開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない。」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
    「Windowsの開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない。」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

パソコン起動後、該当のソフトが自動的に起動されなくなったことを確認してください。

補足

停止したソフトを元に戻したい場合は、手順3で「スタートアップ項目」の一覧から該当のソフトにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

また、手順3で「全般」タブをクリックし、「スタートアップの選択」欄の「通常スタートアップ」をクリックしてから、「OK」をクリックすると、停止したすべてのソフトを一度で元に戻すことができます。

2. 「スタートアップ」フォルダから停止する

自動的に起動されるソフトには、タスクバーの通知領域に表示されているアイコンのソフトが含まれています。
これらのソフトは、「スタートアップ」フォルダにショートカットアイコンが保存されており、パソコンが起動している間は、バックグランドで常に動作しています。

通知領域に表示されているソフトを自動的に起動しないように設定したい場合は、以下の情報を参照し、「スタートアップ」フォルダに保存されているショートカットアイコンを削除または移動してください。
Q&AWindows XPで「スタートアップ」フォルダから自動的に起動されるソフトを停止する方法

補足

「スタートアップ」フォルダに保存されている、ファイアウォールソフト「PCGATE Personal」のショートカットアイコンを削除または移動すると、インターネットに接続できなくなる場合があります。

3. その他

↑ページトップへ戻る