文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:003636
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Home Edition
最終更新日:2019/05/30
印刷する

◆ Windows Me および Windows XP のシステムの復元で作成される復元ポイントの種類

Windows Me および Windows XP のシステムの復元で作成される復元ポイントの種類

概要

Windows Millennium Edition (以下 Windows Me) および Windows XP のシステムの復元で作成される復元ポイントの種類について説明します。

対象機種

PC98-NX シリーズ

内容

Windows Me および Windows XP のシステムの復元では、ある条件を満たすことにより復元ポイントが作成されます。
以下では、復元ポイントの種類と作成される条件について説明します。

  • 最初のシステム チェックポイント

    最初のシステム チェックポイントは、Windows Me や Windows XP がプリインストールされているコンピュータを初めて起動するときに作成されます。
    システムの復元でこのチェックポイントに復元した場合、Windows およびプログラムはコンピュータを初めて起動した時点の状態に戻ります。

    また、一般的なファイル拡張子 (.doc、.htm、.xls など) を持つファイル、および「マイ ドキュメント」フォルダ内のすべてのファイルは復元されません。

    システムの復元から古い復元ポイントをすべて削除した場合にも、新しいシステム チェックポイントが作成されます。その後、通常のチェックポイントが作成されるようになります。

  • システム チェックポイント

    システムに変更が加えられていなくても、システムの復元は、スケジュールに従って定期的にチェックポイントを作成します。 システムの復元では、以下のように、チェックポイントを自動的に作成します。

    • コンピュータが起動状態にある 10 時間ごと

    • 実際の時間で 24 時間ごと

    コンピュータが 24 時間以上電源を切ったままの状態の場合、次にコンピュータの電源を入れたときに、システムの復元によってチェックポイントが作成されます。
    システムの復元でスケジュールに従ったチェックポイントの作成が行われるには、コンピュータで十数分〜数十分間使用されていない状態が続く必要があります。

  • プログラム名のインストール復元ポイント

    Installshield (6.1 Pro またはそれ以降) もしくは Windows インストーラの最新版を使用してプログラムをインストールした場合、システムの復元によって復元ポイントが作成されます。
    この復元ポイントを使用することにより、コンピュータをプログラムのインストール前の状態に戻したり、プログラムのインストールによってシステムに加えられた変更を追跡したりすることができます。

    上記のインストーラ以外を使用してプログラムがインストールされた場合、この種類のチェックポイントは作成されません。

  • Windows の自動アップデート機能が作成する復元ポイント

    Windows の自動アップデート機能を使用してシステムの更新が行なわれる場合、コンポーネントのインストール前にシステムの復元によって復元ポイントが作成されます。

    コンポーネントをダウンロードしていてもインストールしていない場合には復元ポイントは作成されず、コンポーネントのインストールが開始された場合に限り復元ポイントが作成されます。

  • ユーザーが手動で作成する復元ポイント

    必要に応じて、任意の場所で復元ポイントを作成することができます。
    復元ポイントの作成時に任意の名前を指定でき、ここで指定した名前が復元ポイントの一覧に表示されます。

    システムに変更を加えるときには常に手動で復元ポイントを作成しておくと、何らかの問題が発生した場合に役立つ場合があります。

関連情報

【システムの復元の使用方法について】

情報番号 003106
Windows XPでシステムの復元を試みる


情報番号 003108
Windows XPでシステム復元のために復元ポイントを作成する


情報番号 003217
システムを数日前の状態に戻す方法


情報番号 003569
Windows XP で、システムの復元を無効にする方法


補足

特にありません。



◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。