文字サイズを変更する
情報番号:004609
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Home Edition、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 95
最終更新日:2002/05/07
印刷する

◆ エナメール のアドレス面にある「サイン」に署名を入れるにはどうすれば良いですか

Q エナメール のエナエディタ画面のアドレス面にある「サイン」に署名を入れるにはどうすれば良いですか?

A アドレス面にある「サイン」に署名を入れるには、以下の手順で操作を行います。

注意事項

エナメール のアドレス面に設定した「サイン」は、エナメール で受信した場合に表示されます。他のメールソフトでは表示されません。
※これから説明する画面は、Windows XP になります。画面のレイアウトなどは多少 Windows 95 / 98 / Me と異なりますが、同様の操作を実行することは可能ですので、ご参考ください。

【操作手順】


  1. 「メール作成」ボタンをクリックします。

    「メール作成」ボタンをクリック

  2. 「開く」ボタンをクリックします。

    「開く」をクリック

    注意事項

    「キャンセル」ボタンまたは、「テキストメール」ボタンをクリックしても、署名を添付することができます。
  3. 「アドレス」メニューの「サインの作成」をクリックします。

    「アドレス」メニューの「サインの作成」をクリック

  4. 「サイン1」に署名を入力します。
    署名は、「サイン1」「サイン2」「サイン3」の 3 つが設定できます。

    「サイン1」に署名を入力

    注意事項

    署名は 1 つの「サイン」につき、全角で 110 文字まで、半角で 150 文字まで入力できます。
  5. 「アドレス面表示」タブをクリックし、「サイン」ボタンをクリックします。
    3 つの「サイン」ボタンは、それぞれ「サイン1」「サイン2」「サイン3」に対応しています。

    「アドレス面表示」タブをクリックし、「サイン」ボタンをクリック

    以上で操作は終了です。

    設定された「サイン」は、エナメールに保存されます。
    メールを作成 / 送信する際は、「サイン1」がデフォルトで設定されます。

  6. また、エナメール にはサウンドシグネチャという署名もあります。これも エナメール で受信すると動作します。
    サウンドシグネチャについては以下の情報番号をご参照ください。

    情報番号:004640
    エナメール のメール作成画面にある「セッション」ボタンは何ですか

    エナメール でメールを作成する方法については、以下の技術情報をご参照ください。

    情報番号:004606
    エナメール でメールを作成する方法

    情報番号:004621
    エナメール の環境設定について

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。