文字サイズを変更する
情報番号:004653
対象シリーズ:LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、Windows 98、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server
最終更新日:2005/12/28
印刷する

◆ Internet Explorer 6で特定のページのみCookieを有効にする方法

Q Internet Explorer 6で特定のページのみCookieを有効にする方法を教えてください。

A
対処方法
  ショッピングサイトなどの一部のホームページでは、「Cookie」(クッキー)と呼ばれる機能を使って、閲覧に必要な情報をユーザーのパソコンに保存しています。この「Cookie」について、保存を許可するかしないかを選択できます。

対象機種の確認はここを クリックしてください。
 

Cookieを有効にする(保存する)主な利点は以下のとおりです。

  • ショッピングサイトで買物情報を保存できる
  • ログイン画面で入力したユーザーID/パスワードの再入力の手間を省ける
  • 特定のホームページで画面構成をカスタマイズした情報を保存できる

一方、Cookieを有効にする(保存する)と以下のような問題が発生することがあります。

  • ユーザーのホームページ閲覧履歴などの情報が盗み見られる
     

そこで、安全で信頼できるホームページを閲覧する際はCookieを有効にしておき、それ以外のホームページを閲覧する際はCookieを無効にすることができます。

ホームページ閲覧ソフト「Internet Explorer 6」にて、安全で信頼できるホームページをあらかじめ登録しておきましょう。登録しておけば、安全で信頼できるホームページ以外のページでCookieが不正に利用されることはありません。

【操作手順】

  1. 「スタート」→「インターネット」をクリックするか、またはデスクトップ画面上の「Internet Explorer」をダブルクリックして、Internet Explorerを起動します。


     
  2. 画面上部のメニューから「ツール」→「インターネットオプション」をクリックします。


     
  3. 「プライバシー」をクリックし、表示される画面に応じて「サイト」または「編集」をクリックします。
     
    • 画面1

       
    • 画面2

       
  4. 「Webサイトのアドレス」欄に、安全で信頼できる(Cookieを有効にする)ホームページのアドレスを入力し、「許可」をクリックします。




     
    • アドレスは半角文字で、大文字小文字を間違えないように入力してください。
       
    • 複数のホームページでCookieを有効にする場合は、さらにアドレスを入力して「許可」をクリックします。
       
    • 「Webサイトのアドレス」欄にアドレスを入力して「ブロック」をクリックすると、そのホームページに対してCookieを無効に設定できます。
       
  5. 「管理しているWebサイト」欄に登録したホームページが表示され、「常に許可」が表示されていることを確認し、「OK」をクリックします。


     
  6. 「OK」をクリックして、「インターネットオプション」画面を閉じます。

    以降、登録したホームページを閲覧すると、Cookieが有効になります。
     

以上で、操作完了です。


対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、ValueOne、その他PC98-NXシリーズ、PC-9800シリーズ

「対処方法」の先頭に戻る


関連情報
  特にありません。
 

補足
  通常、閲覧中のホームページにてCookieを有効にするか無効にするかは、Internet Explorerの「プライバシー」設定を基準にして決定されます。(「プライバシー」設定については情報番号:005644を参照。)

このページでご案内している方法で登録したホームページを閲覧した場合、上記の「プライバシー」設定による基準を無視してCookieを有効にします。
 

◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。