文字サイズを変更する

サポート技術情報

情報番号:004768
対象シリーズ:PC98-NX
対象OS:Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server
最終更新日:2019/04/01
印刷する

◆ 自宅や会社以外からインターネット接続を行う際の設定(Windows 2000/XP)

自宅や会社以外からインターネット接続を行う際の設定(Windows 2000/XP)

概要

「ダイヤルのプロパティ」で市外局番を設定した番号と、ダイヤルアップ設定で設定されている市外局番が同一の場合、発信のときに、設定した市外局番を付けずにダイヤルを行います。



このため、「ダイヤルのプロパティ」の設定を変更せずに局外からダイヤルアップ接続を行うと、市外局番がついてない状態でダイヤルするため、プロバイダに接続することができません。

ノートパソコンなどを利用して、複数の発信元からダイヤルアップ接続を行いたい場合は、あらかじめ、複数のダイヤル情報を設定しておき、接続時にこれを切り替えることで、ダイヤル時に市外局番付きで発信できます。

ここでは、Windows 2000/XP で、ダイヤル情報に市外局番を設定する方法について解説します。


対象機種

PC98-NX シリーズ


内容

複数のダイヤル情報を作成/設定することで、自宅や会社、外出先など複数の発信元からダイヤルアップ接続を行いたい場合、発信元を切り替えて使用することで、局外からダイヤルアップ接続を行うときに、市外局番をつけて接続されるようになります。

※これから説明する画面は、Windows XP になります。画面のレイアウトなどは多少 Windows 2000 と異なりますが、同様の操作を実行することは可能ですので、ご参考ください。

【操作手順】

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。

    ※ Windows 2000 の場合は、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」をクリックします。

  2. 「電話とモデムのオプション」アイコンをダブルクリックします。



  3. 「ダイヤル情報」タブをクリックし、一覧から「新しい所在地」を選択して、「編集」ボタンをクリックします。



  4. 「全般」タブをクリックし、「所在地」に所在地名を入力して、市外局番を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    ※ここでは例として、所在地に「東京」と入力し、市外局番に「03」を入力します。
    ご契約された通信会社によっては、市外局番の先頭に「0」を入力しなくても正常に動作します。
    正常に動作しない場合は、市外局番の先頭に「0」を入力したり外したりして正常に動作するか確認してください。



  5. 「新規作成」ボタンをクリックします。

  6. 手順 4. と同じく、所在地と市外局番を設定し、「OK」ボタンをクリックします。
    ※ここでは例として、所在地に「横浜」と入力し、市外局番に「045」を入力します。
    ご契約された通信会社によっては、市外局番の先頭に「0」を入力しなくても正常に動作します。
    正常に動作しない場合は、市外局番の先頭に「0」を入力したり外したりして正常に動作するか確認してください。



  7. 「OK」ボタンをクリックして、「電話とモデムのオプション」ウィンドウを閉じます。

  8. 「スタート」→「接続」→「すべての接続の表示」をクリックします。

    ※Windows 2000 の場合は、「スタート」→「設定」→「ネットワークとダイヤルアップ接続」をクリックします。

  9. ダイヤルアップ接続アイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。



  10. 「全般」タブをクリックし、「ダイヤル情報を使う」のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。



    以上で操作は終了です。

  11. ダイヤルアップ接続画面で、「ダイヤル元」の「▼」ボタンをクリックし、ダイヤル情報を切り替えます。



  12. 設定したアクセスポイントの電話番号に対して、市外を選択した場合、市外局番を付けて発信します。



以上で操作は完了です。

補足

特にありません。



◆ アンケートへのご協力をお願いいたします。